So-net無料ブログ作成

8/31第20回福島県健康調査検討会 [本測定所の考え]

31日に開かれた第20回福島県健康調査検討会を傍聴した
放射能健診署名実行委の友人からのメールを紹介します。

 予想されていたことですが、福島の健康被害は
「健康調査」により一層進んでいることが
明白となったようです。

以下、紹介

 主要な議題は、「県民健康調査における中間まとめ(案)」でした。
結論は、意見集約をなお進めるということで、今回は決まらず。
これがよいかわるいかは、難しく、原発事故との関係を否定し、
意味のない調査に引きずり込もうとする大きな流れと、
健康被害の多発の現実の前に、なお研究調査を続けざるを
得ない状況、県民をはじめとする不安、監視のなかで、
「調査続行」=判断回避の姿です。

<明らかになったこと>
1)2巡目検査(本格検査)で、ガンまたは疑いが25名
(手術実施6人、乳頭がん6人)となった。1巡目検査
(先行検査)で見つかった113名と合わせて、137名
前回5月18日検討会では、本格検査で15名と発表
されたので、この間で10名の新患者が発見された。
依然として、猛スピードでふえている。

2)検討委員会の態度は、「現時点で原発事故との関係は
考えにくい」と、これまでの見解を変えず。

3)この「考えにくい」を、記者から突っ込まれ、「相当、否定的。
関係ないならなぜ、今後も調査するのか。調査が進めば、
因果関係があるとなるのか」と。検討委員会の答えは、
「因果関係を否定しているのではない。本当にあったか
なかったか本格的に調査する。その結果、さかのぼって
見解を修正・否定することはある」。

4)「過剰診断」問題について、97名の手術例について、
過剰診断ではなかった。適切であった」と見解が示された。

<どう見るか、簡単な評価と今後の取り組み>
1)誰が見ても、深刻な事態に、県及び検討委員会(専門家)が
右往左往していることがわかります。原発と健康被害の
因果関係はないと言いたいやから、都合の悪い調査は
縮小・廃止へもっていく勢力とのせめぎあいです。

2)運動側の観点からすれば、「考えにくい」は「因果関係を 否定したものではない」と検討委員会が明言したことは重要です。
「考えにくい」の言葉はひとり歩きし、「関係ない」と言う意味
になり、健康診断・医療補償を否定する論拠となっていました。
国や各地の自治体を追及する手がかりです。
過剰診断問題も、現在の手術が適切なら、何を過剰診断だと
いうのか、事実が消えてしまいました。

3)原発事故と甲状腺がん多発の関係を否定する論法は、
「チェルノブイリとくらべ被ばく線量がすくない」「甲状腺がんの
発生年齢が違う」「1-3年目でガンが発生するわけがない」
などです。これらの誤りは、すでに明らかになっています。
文献「甲状腺がん異常多発とこれからの広範な障害の
増加を考える(耕文社、医療問題研究会)に詳しく書かれています。
この本は以下のサイトから買えます。
http://www.kobunsha.co.jp/sinkan.html

4)検討会傍聴後、有志で(福島市、飯館村など)、県議会
への陳情、県への要求書など話し合いました。
二つのことを要求していこうとなりました。

◎小児甲状腺がんにとどまらず、様々な健康障害が
でていることから、被爆者援護法の制度を援用する形で、
福島県独自の健康診断、健康手帳(医療補償)の仕組みを
つくることを要求する。
◎2017年3月末で、政府は避難地域の解除=高線量地
(20-50ミリ)への帰還強要をすすめようとすることに対し、
県としての見解、県から国への撤回要求を出すことを求める。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

kyomutekisonzairon

はじめまして。
福島県の甲状腺検査については、ガンのみが 注目されていますが、
当方、ガンに至る過程に注目して、A1判定の先行調査と本格検査の
各市町村の増減を調べてみました。

一連の計算記事のまとめを、http://blogs.yahoo.co.jp/kyomutekisonzairon/67815752.html
にしています。
ご参考までに。 合掌


by kyomutekisonzairon (2015-10-15 09:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0