So-net無料ブログ作成
検索選択

2015年12月測定結果について [測定結果]

 おけましておめでとうございます。
高槻・市民放射能測定所は今年も内部被曝ゼロを
めざし、食品等を全力で検査して参ります。
 よろしくお願いします。6/5(日)14時から
「開設3周年イベント」を行います。
ビックゲストを予定しています。詳細決まり次第
お知らせします。

 さて、2015年12月度の測定結果をお知らせします。

page001.jpg

 セシウム検出例を何点か説明します。
「定量限界未満」とは不検出ではなく、「存在するが
定量的な数値が出ない」ということなので注意ください。

<12/4 茨城県の2015年産玄米
 驚きの数値(14Bq/kg)がでました。既報です。

<12/2、3の福島白米>
 避難解除準備地域の2015年産のうるち米を精米しました。
 これを測ると1.9Bq/kg検出。
20151203hukusima-hakumai.jpg

 しかしこれをよく洗浄して測定すると
定量限界未満となりました。
20151202hukusima-hakumai-senjo.jpg

 セシウムは水によく溶けます。逆に言うと
セシウムを含んだ野菜を煮だしたときは
その水が捨てることです。

<12/7滋賀県の干し椎茸>

20151207siga-siitake.jpg

 これは、持ち込まれた方が自家製された干し椎茸です。
使用する原木は大阪産でしたが、セシウム137を
検出しました。重量補正して8.9Bq/kg。ただし
要領が少ないので検出下限値は2.88Bq/kgです。
大気中核実験やチェルノブイリ
影響が今なお残っていることを意味します。

<12/18大分県産の干し椎茸>

20151218oita-siitake.jpg

 これは市販されている干し椎茸です。
 容量が少ないことやK40の数値が高いことから
 セシウムの数値を押し上げているとおもわれるので
 微妙なところですがセシウム137のピークは明確です。

<12/22 お好み焼き粉>
 大手コンビニで売られていたお好み焼き用の粉です。

20151222okonomiyakuko.jpg

 オールセシウムは1.6Bq/kgですが、いわゆる
「セシウム3兄弟」のピークが見られます。
 福島原発事故由来のセシウムが含まれていると
判断できます。
 加工品のため産地記載が義務付けされていない
だけに、汚染した食品が紛れ込むことが
あるので、今後も要注意です。
 



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

お名前(必須)

お好み焼き粉のメーカーはどこですか?
by お名前(必須) (2016-01-17 00:13) 

no-nukes

コメントありがとうございます。
答え:大手コンビニのプライベートブランドです。


by no-nukes (2016-02-05 20:49) 

しかし

しかしひどい存在比だなあ。
はかれていないじゃん。
by しかし (2016-02-12 02:44) 

no-nukes

>しかしさんへ
 微量のCsの測定は本当に難しいと
 思います。Cs137と134のバランスに
 ついての本測定所の考えをアップしましたので
 お読みください。
 今後ともよろしくお願いします。(T)
by no-nukes (2016-02-26 14:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: