So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年4月測定結果について [測定結果]

 遅くなりましたが、4月度の測定結果をお知らせします。

page001.jpg

 今月も28品目を測定しました。
特徴的なものを紹介します。
<画像1>
20160413taihi.jpg

 大阪の工場で作られたチップ状の堆肥。
セシウム137(331ch)のピークが明確。
セシウム134(398ch 602ch)にもかすかに
ピークが出ています。原発事故で汚染された
木材を使っているとしか考えられません。
 なにせ肥料の基準は400Bq/kgですから、
業者も混ぜ放題となるのではないでしょうか?
 重量補正の結果、全セシウムは4.2Bq/kgと
なりました。

<画像2>北海道の鹿肉

20160414sikaniku.jpg

 セシウム137(331ch)のピークが見えます。
重量補正して3.8Bq/kgとなりました。
 北海道は日本の中ではチェルノブイリ事故の影響を
最もうけた地域といわれます。チェルノブイリ事故から
まだ30年。。セシウム137はやっと半減したところです。

<画像3>
20160418handbag.jpg

 依頼者は、2011年の福島原発事故後3年間
東京に住んでこのハンドバックを使ったそう。
 両セシウムのピークが明確に出ています。
重量補正して7.1Bq/kgを検出。汚染されている
東京で毎日セシウムを「経口摂取」していた
ことの恐ろしさを依頼者は実感されたとのことです。
<画像4>
 徳島の「塩蔵鳴門わかめ」と書かれている商品です。

20160430wakame.jpg

 画像のようにセシウム137(331ch)にピークが
見られます。セシウム134(398ch 302ch)にも
ピークが見られます。
 これまで測定を行った「鳴門わかめ」では1例を
除いて、すべてが不検出か定量限界未満でした。
 この例外は、昨年10月に測った「塩蔵鳴門わかめ」
(10月の測定一覧では「香川県産」と書いていますが、
当方の入力ミスで「徳島県産」でした)で1.5Bq/kgを
検出したもの。実はこの商品も今回の商品も
同じ会社から発売されています。

 今回の測定では320gの「塩蔵わかめ」を水にさらし、
汚染されているかもしれない塩(前回は「塩蔵わかめ」
そのものを検査して1.5Bq/kgという結果になったので、
もしかしてわかめではなく塩が汚染されていたかも
しれないと仮定した)を除去して、わかめ本体のみを
検査しました。塩を洗い落としたわかめを干したために
わかめ本体が70gになったのです。当方の測定器は検体
320gが基準なので、重量補正が必要となります。
  1.4Bq/kg*320g÷70g=6.4Bq/kg
 セシウムは水に溶け出す性質がありますので、もしかして
もっと多く含有していたかもと思います。

 ということで、もしかして、「産地偽装」しているの
では?との疑いを持ちました。

 この会社のわかめの他の製品を再々度計測したいと
思っています。

 <追加>この塩蔵わかめの記事をご覧になった
会員の方からこんなwebページがあることを
教えて頂きました。ご覧ください。

 東北大震災・原発事故以降、鳴門わかめへの需要が多くなり
鳴門産だけでは出荷できなくなったため、他の国や
地域のわかめも混入して販売している業者がいると
いうものです。


 疑わしい時は、迷わず放射能測定を!
内部被曝を避けて、健康を守るために!

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

フィルター

70gの検体での正確さ(精度)はどれくらいなものでしょうか?
また塩蔵わかめのCs134,137 が同量(グラフ中では 0.7)については、どのようにお考えですか?

by フィルター (2016-05-16 21:39) 

no-nukes

フィルターさんと同じような質問が以前ありました。
稿をおこして記事をアップしていますので、そちらを
お読み頂ければ幸いです。

http://takatsuki-sokuteisyo.blog.so-net.ne.jp/2016-02-26
by no-nukes (2016-05-21 10:02) 

ウンチマン

共産党の方ですか?
by ウンチマン (2016-05-22 08:05) 

no-nukes

コメントの趣旨がよくわかりませんが、私たちは自民党や共産党などの特定の政党には所属も従属もしていません。食品や土壌を放射能測定器を使って放射性物質の存否を調べ、内部被曝を防ごうという趣旨に賛同したメンバーでこの測定所を作りました。
by no-nukes (2016-05-23 12:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0