So-net無料ブログ作成
検索選択

11/27(日)東電福島第一原発事故被災者の健康と広島・長崎の被爆二世健康実態調査報告学習講演会 [イベント紹介]

11/27(日)東電福島第一原発事故被災者の健康広島
長崎の被爆二世健康実態調査報告学習講演会

福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの

http://aogiri2-3.jp/indexbox/20161127.pdf
https://www.facebook.com/events/695300550637486/

■三田茂医師のお話し & 三田茂医師×守田敏也さん(フリーライター)のトーク
■11月27日(日)午後1時30分~4時30分
■ラボール京都 4階第8会議室 (中京区四条通御前西北側)
▼資料代 500円

 京都「被爆2世・3世の会」は昨年「被爆二世健康実態調査」を
行いました。今回の企画で私たちはこの成果をみなさんと共有
したいと思っています。
 三田医師は福島原発事故で被災した子どもたちなど3,000人
以上を診療してこられた医師で、東京都小平市から岡山市に
移転されています。私たちはその三田医師に「被爆二世健康実態調査」の
結果の読み解きをしていただきました。
 今回、三田医師をお招きし、首都圏のたくさんの子どもたちなどを
診られて経験からつかまれてきたこと、調査の読み込みを踏まえての、
原発事故被災者の問題と重ね合わせたお話をしていただきます。
 講演後に私たちの会員であるフリーライターの守田敏也さんと
三田医師との対談で問題をさらに深め、みなさんと一緒に
今何をなすべきかを考える場としていきたいと思います。

三田茂医師プロフィール
東京都生まれ。小平市で先代から続く三田医院で長く診療を行う。
福島原発事故後、被曝影響が懸念される首都圏の子どもたちを
中心に3,000人以上の甲状腺や血液の検査を行い、
必要な診療を続けてきた。
 この過程で被曝の深刻な実態をつかむとともに同様の検査の
実行を多くの医師に訴えてきた。
2014年4月に先代から51年続いてきた医院を断腸の
思いで閉じて岡山に移転・開業。自身や家族の防護だけでなく
人々に避難を促すための転地でもあった。
その後も精力的に全国から訪れる人々の診察を続けている。

京都「被爆2世3世の会」
電話075-811-3202
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: