So-net無料ブログ作成
検索選択

世田谷区内の公園の土と自宅掃除機フィルターと壁に掛けていた布からセシウム検出 [測定結果]

 世田谷区内の公園の土が測定所に
持ち込まれました。東京方面の検体が持ち
込まれるのは久しぶりです。

 以下、依頼主の依頼文を一部引用します。

 世田谷区内の美しい公園です。
そこに、上から80㎝ぐらいを残したまま、土が中を
覆って、長年枯れ葉もこの中で朽ちて堆積している
古井戸があります。
 自前のガイガー(TERRA-P ロシア製)で
測定したところ、この庭園の空間線量は
1mで0.13~0.17μ㏜まで幅がありました。
又、古井戸以外の地表にガイガーを置くと大体0.15が平均でした。
でも古井戸中の土の直置きでは0.22をつけました。
明らかに数値が上がりました。枯れ葉を取り除き、その下の
土を掘り採取しました。 以上引用

 この土をZIPで測定しました。
セシウムの量が多いと予想してビニール袋を
3重にして充填しました。

1485576159610.jpg

チャートはこれです。

20170119setagaya-tuti.jpg

 原発事故由来の「セシウム3兄弟」のピーク
(ZIPではKevの半数で表示されます)が
はっきりと見ることができます。普段は10時間測定する
ところですが、3時間弱で止めました。
AllCsは重量換算して250Bq/kgとなりました。
但し、下限値は12.3Bq/kg。

 空間線量も、もしこの場所から動かずに1年間
生活すれば、年間1.93m㏜になります。
その上にこのセシウムを含んだ空気を取り入れれば、
間違いなく内部被曝します。

 次に依頼者のご自宅の掃除機のフィルター
を測定しました。重さが7gしかないので
正確とは言えないが、チャートにはセシウムの
ピークが明確です。原発事故由来のセシウムと
思われます。ただ、重さが7gしかないので
総量は暫定値と考えて下さい。
160Bq/kgで下限値は72Bq/kgです。

20170119setagaya-soujikifilter.jpg

 次に、ご自宅の壁にかけてあった「布」
の測定です。原発事故前から掲示していたものだそう
です。
 チャートをご覧下さい。
20170119setagaya-nuno.jpg

 これもセシウム3兄弟がしっかりと見ることが
できます。重量換算して9.6Bq/kgとなりました。
但し、下限値は2.7Bq/kg

 東京の蛇口水が汚染されているのは、
原子力規制委員会も認めていることです。
詳しくはこちらをご覧下さい。

 東京が本当に安心して住むことができるのか?
その懸念を益々感じさせられた測定でした。



 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: