So-net無料ブログ作成
検索選択

高槻「産業廃棄物焼却炉」について企業による地元上牧自治会への説明会 [高槻産廃焼却炉問題]

 2/26(日)に今問題となっている「都市クリエイト」による
「焼却発電設備新規事業」の住民説明会があります。

 2/26(日)6時開始 場所は上牧公民館2階
 測定所がある「本澄寺」の正門の前に
 地元消防団の施設があるその2階です。
 本澄寺には駐車場があります。



 非常に狭いです。参加ご希望の方は早めに
お越し下さい。

 地元の「上牧自治会」が作成したチラシを
ご覧下さい。
20170223_115151.jpg

 チラシにあるように、3/20(日)にも五領公民館でも
14時~と19時~の2回の説明会が行われます。

 事業者は「都市クリエイト」です。高槻市内の
ゴミなどを回収しています。他にも産業廃棄物を
受け入れて選別・処理しています。今回、約95トン/日の
産業廃棄物を受け入れて焼却する炉を建設すると
いうのです。

20170223_120652.jpg



 受け入れるものは「産業廃棄物」(廃油、汚泥、ゴム。金属くず
、がれき、廃プラスチック等)と「特別管理産業廃棄物」
(感染性産業廃棄物、廃油、廃酸、廃アルカリなど)です。

 半径1キロ内に保育園(4カ所)、小学校(2校)、中学校(1校)
高校(1校)があります。全部で10カ所程度あり。焼却温度は
相対的に低い?温度のためダイオキシンや金属(鉛、銅、ヒ素など)などの
有害化学物質が飛散し、健康に影響を与えると共に田畑の汚染も
懸念されます。煙突もこの規模の焼却炉からすると低いとの
専門家の指摘もあります。

 しかも、会社の説明会案内には「計画中の事業につきましては、
住民の皆様の同意を必要としません」がと
わざわざ、念を押すその姿勢も疑問です。

 因みに、事業者は「都市クリエイト」、焼却プラント
株式会社アクトリー」、建築工事担当は「大和ハウス」
となっています。

 この建物の隣(京都寄り)に焼却炉建設予定地が
あります。

20170223_120956.jpg

 また、建物のすぐ大阪寄りには「新名神と国道171号線の
合流地点」の標識もあります。

20170223_120644.jpg

 受け入れる産業廃棄物は「近畿一円から」と口頭での説明が
あったようですが、新名神高槻インターの出入り口のすぐそばに
建設予定地があります。業者は「考えていない」との
口頭説明もありましたが、一方で今、環境省の音頭取りで進められようと
している「8000ベクレル未満の産業廃棄物」の処理の動きがあるだけに
もしや?と懸念は残りました。

 地元自治会だけでなく、高槻市内、風下の島本や枚方からも
関心が寄せられています。

 この件で情報やご意見あれば、こちらにお寄せ下さい。
 hsnk@tcn.zaq.ne.jp

 

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

匿名

この問題に関しましては、今更、始まったお話ではありません。業者側が法律に反していない限りにおいては、お役所は許可される様に個人的には感じられます。
by 匿名 (2017-04-14 11:07) 

no-nukes

行政は市民の動きを見ています。この問題で何回も市役所に参りましたが、そのことを実感しております。行政を動かすのは市民です。諦めは業者の思う壺です。市民の取り組みで阻止の可能性は高まります。共にがんばりましょう!未来の高槻市のために!
by no-nukes (2017-04-14 12:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: