So-net無料ブログ作成
検索選択

2/26(日)産廃焼却炉に関する企業の上牧自治会への説明会 [高槻産廃焼却炉問題]

 26(日)の住民説明会は、会場を満杯の地域住民が
集まり、会社が用意した120部の資料が不足するほど。
遠くは、風下にあたる枚方市民も参加。外にもあふれるほどで
関心の高さは想像以上でした。
 測定所スタッフも本澄寺に測定所開設している関係で
この説明会に参加しました。

20170226_171437.jpg

写真中央の「内ヶ池」側に建設が予定されている。
高槻インターと171号線合流地点とすぐ側にある

 都市クリエイトの説明を受けて、質問が次々と出され
ました。どの意見や質問も当惑、怒りで充ち満ちて
いました。

 やりとりを通じて私が聞き取ったこと(詳細なところでは
聞き違いがあるかもですので、後日出されるであろう地元自治会の報告書を
ご覧下さい)で大事と思った点をアトランダムに列挙します。

( )内の文章はブログ管理者の感想や評価です。

1.焼却炉の構想は2016年2月頃に会社内でできた。
 2016年9月頃に高槻市に相談し、すりあわせをした上で、
 2017年2/15に「産業廃棄物処理施設設置の事前審査の
 申請」を行った。今はその内容を高槻市が「精査」している。

 (追記。上記のような説明を企業側は行いましたが、高槻市当局
に自治会が問い合わせたところ、「相談は受けている」との
回答。企業側が、この「相談」を「事前審査」と捉えていると
思われる。企業が「嘘の説明」を再三しているのに、市側が
企業を「指導」している様子がないのは訝しい限り)

2.今後の会社が考える工程表(希望)は
 2017年4月頃に事前審査合格をもらって「事業計画書」と
 「環境アセス」を高槻市に提出→広告閲覧
 2017年6月頃? 高槻市の「都市計画審議会」
 2017年7月頃? 大阪府「都市計画審議会」
 2017年8月頃  設置許可申請
 2018年2月頃  工事着工(工事は11ヶ月)
 2018年末    施設完成
 2019年1月   3ヶ月の試験操業後に本格操業

 (これらの工程表はあくまで業者側の「希望的見通し」
である。現在の実際段階は事前審査の「事前相談」の
段階と思われる)

3.処理能力
 94.5t/日産廃を処理 発電は770㎾
 24時間操業、300日/年稼働(30日連続停止、3日/月停止)

4.なぜ、五領地区に設置なのか?安全なのか?の問いに
 「すでにクリエイトの処理施設がここにある」ことと
 「高槻インターの出口に近いことを考慮した」。
幼稚園小学校中学校、高校などがあり、住宅地の
中に作ることの問題点は考慮していないようだ。
ただ、「絶対とは言えないが、安全だと考えている」との
回答もあり。)
 
5.都市クリエイトは上牧の焼却炉建設の他に豊中市に
 2カ所建設計画を持っているとの表明があった。
 (豊中市の住民の皆さん、ご注意を!)

6.医療産廃は2割程度
(他の8割は何を?「近畿一円の産廃受け入れ」「放射能産廃の
受け入れは考えていない」との表明もあったが、一端施設が
完成すれば、「高速インターがあるから」の説明を聞いて、
8000ベクレルを越える産廃受け入れへの危惧は残った。)

7.専門的な質問については文書で回答、回答できない時は
 不提出理由書を文書で提出する。

8.非常用電源はない。タービンが回っているので問題ない。
(安全安心を言いたいのはわかるが、洪水、地震などの
非常事態への対応策は未だ検討されていないのでは?
 昭和28年のこの地域を襲った大洪水の事例を指摘した
住民の意見には回答に窮した。)

9.説明会は今後も理解してもらえるように行う。
 「樟葉や八幡の近隣地区でもやってっほしい」との
 意見にも強い要望あれば行うと表明。

(但し、「この事案は住民の同意を必要としていない」との
スタンスは崩さない。見切り発車の感触あり)

 説明会途中に参加者から「この説明会内容の産廃焼却炉に
反対の人は挙手下さい」の声があり出席者全員が挙手して
散会しました。

 次回は五領連合自治会への説明会があります。
 3/20(日)14時~と17時~の2回。場所は
 五領小学校横にある五領公民館2階です。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: