So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年2月の測定結果について [測定結果]

 少し遅くなりましたが、2月度の測定結果をお知らせします。測定依頼品が多く、ZIPはフル稼働しました。

 page001.jpg

 ほとんどが「定量限界未満」か「不検出」でしたが、主な検出例を説明します。
<2/2、4の座布団綿>
 東京世田谷区から避難された方のカーテンなどのデータは以前に紹介しましたが、そのご自宅で使用していた座布団です。外カバーは未洗濯だった
そうです。セシウムが出ています。

<2/18、19 千葉カーテン3種
 千葉の自宅のカーテンの測定結果です。 3つともセシウムを検出しましたが、カーテン1のスペクトル表を示します。 20170218tiba-katen.jpg  BGは測定室を空にした20時間測定です。K40の影響がほとんどありません。赤線(カーテンのスペクトル)と茶色線(BG)はほとんど重なっています。 セシウムのチャンネルの所に明確にピークが出ています。 134も137のいわゆるセシウム3兄弟のピークが見て取れます。 両者の比率もほぼ正確。原発事故由来であることは明確です。  原発事故後には茨城、千葉等にはプルームが飛びました。その影響であることは明確です。重量補正の結果、 12.6Bq/kg(下限値は2.6Bq/kg)となりました。少しでも心配に思われたら、是非測定してもらいたいです。不検出でしたら、安心もできます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0