So-net無料ブログ作成
検索選択

4/16(日)測定所開設4周年の集い [日頃の活動]

 高槻・市民放射能測定所を開設して早や4年に
なろうとしています。毎年記念イベントを行ってきましたが、
今年の4周年イベントは4/16(日)に行います。

 今年の初頭に明らかになった「上牧産業廃棄物焼却炉」建設
予定地は測定所のある本澄寺から直線距離にして約150メートル程度。

 事業者の都市クリエイトは新名神高槻インターと171号線と
合流する地点にこの焼却炉を作ろうとしています。
近畿一円から産業廃棄物を受け入れて24時間操業
(但し、年間65日はお休み)で燃やそうと
いうのです。建設用地の隣にも用地を確保した
都市クリエイトは一体何を考えているのでしょうか?

 しかも、事業者は「考えていない」と説明する(口頭だが)ものの
現在、環境省が奨める「8000ベクレル未満の放射能産業廃棄物」処理の
動きがあつだけに高速道路を使って持ち込まれる不安はぬぐいきれません。
 「放射能産廃焼却」は利益率も高く、搬入の有無を市民がチェック
することは不可能に近いのです。
(高島町の琵琶湖畔に「放射能木くず」が捨てられた事件は
記憶に新しい。誰が捨てたのかも解明せず、抗議により撤去された
ものの、どこでどう処理されたのは未だ不明)

 そこで、今年の集いでは、焼却炉に詳しい
東京清掃局・環境局職員の技術者をお迎えして、
産廃焼却炉を考える講演会を行うことに
しました。

page001.jpg

2017年 4月16日(日)14:00~16:30  上牧本澄寺本堂(高槻市上牧町26-31)
<プログラム>
14:00 活動・会計報告
14:30 辻芳徳氏さん講演
15:30 質問・交流タイム
 入場は無料です。
 
 是非ご参加下さい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: