So-net無料ブログ作成
検索選択

4/23(日)西日本ネット会議で感じたこと [日頃の活動]

 西日本にある約10を越える市民測定所では横断的な
連携を強めるために「西日本ネット」を作っています。

 互いの活動の交流と測定技術の向上、全国的な
脱原発運動の発展に寄与できればとの思いを受けて
交流を行っています。4/23(日)はその日でした。

 阪神・市民測定所からの報告でしたが、京都南部の
木材(パン作りに使う)の灰の測定結果が一番衝撃を
受けました。48時間測定でallセシウムで12.3Bq/kg、
Cs[137もCs134もあるとの結果でした。もちろん灰ですから
セシウムは濃縮されて数値が高くなっています。
しかし、予想以上に多さには驚きでした。

 他にも、松戸市から避難された方の子ども肌着
(原発事故当時から着ていたもので、何回も洗濯
したものらしい)から675Bq/kgの検出結果に驚きました。
 洗濯してもセシウムは消えないことは私どもの経験でも
同じです。これまで「捨てるしかない」とアドバイスして
来ましたが、改めてその妥当性を実感した次第です。



 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0