So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年4月の測定結果一覧表と5/27(土)無料測定会 [測定結果]

 少し遅くなりましたが、4月の測定結果をお知らせします。

 まず、一覧表をご覧下さい。

page001.jpg

主な検出例を紹介します。

<4/3大阪吹田の水道水>
 吹田市の依頼者が水道の蛇口に2016年4月~2017年3月
までイオン交換樹脂浄水器(年間4回交換)を
取り付け、1年間に使用したイオン交換樹脂の
放射能濃度を測定しました。

イオン交換.jpg

 飲食に使用する量だけですが、蛇口水を1年間
イオン交換樹脂に通水して測定した例は今まで
聞いたことがないと思います。

 スペクトル表をご覧下さい。

20170402suidousui.jpg

 10時間測定。Cs合計値は0.6Bq/kgの結果。Cs137の数値は
ゼロとなっていますが、図を見ても明らかなように
331ch(662keV)にピークが見えますので
Cs137は存在します。Cs134のピークも確認出来そうです。

 このイオン交換樹脂についているCs総量は
0.6*320g÷1000=0.192Bq。
 依頼者によると一日約5リットル通水したとの
ことですので、1年間は5リットル*365日=1825リットル。
従って、水道水のCs濃度は、0.192Bqg÷
1825リットル=0.0001052Bq/kg=0.11mBq/kgとなります。

 環境省による「環境放射能水準調査表」(2016年7月~9月)
によると、微量ですが、蛇口水でCsを検出しているのは
「岩手県、宮城県、山形県、福島県、茨城県、群馬県、
埼玉県、千葉県、栃木県、東京都新潟県」で、一番
高い数値を検出したのは栃木県でCs137が0.0043Bq/kg、
Cs134が0.0015Bq/kg。それ以外の府県では
すべて不検出となっています。

 今回の大阪の蛇口水の検査結果は1825リットルを
通水濃縮して得られたもので、福島事故による放射能
汚染が関西でも水道水に存在しているという事を確認出来た、
ある意味貴重な例として報告するものです。

<4/21神奈川県横浜市戸塚区のタケノコ>
20170421yokohama-takenoko.jpg

 今年採れたばかりのタケノコです。
残念ですが、きれいにCs137も134もピークが出ています。
数値は5.5Bq/kgとなっていますが、K40による
かさ上げ効果を差し引いて4.9Bq/kgとなりました。
下限値は0.9Bq/kg。

 このタケノコが採れた横浜市戸塚区汲沢町の竹林の土を
測定してみました。
試料は 34.94g wet 計測機はiFKR-254+遮蔽体
計測時間 20時間 機器係数換算、重量換算を行い、
土壌濃度 セシウム全体で145Bq/kg(定量限界21Bq/kg)

合計3箇所で土を採取した。59~145Bq/kg
平均108Bq/kgの土壌に育つ筍から4.9Bq/kgが出た
ことになります。

 京芋も規定重量の半分しかなかったので、定量限界以下で
あったが参考値として示すと 1.0Bq/kgあり、横浜でも
筍や地中に育つ根菜類は食べない方が良いと判断します。

 不検出となった高槻の地元上牧のタケノコとは
好対照な結果となりました。

 5月の無料測定会は5/27(土)13時~15時です。参加ご希望の方は事前に連絡下さい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: