So-net無料ブログ作成
検索選択

8000Bq以下の放射性廃棄物の行方は? [8000Bq以下放射性廃棄物処理問題]

 政府・環境省は原発事故処理を巡って生じた
放射性廃棄物の焼却基準をこれまでの100Bq から
何と8000Bqに80倍も根拠なく変更しました。
これまで100Bqを越える廃棄物は焼却は許されず、
ドラム缶に詰めて管理することになっていたのです。

 今般、政府・環境省はこの「8000Bq以下の放射性
廃棄物」を「焼却と再利用(全国への汚染拡散)」の
二本立てで「処分」しようとしています。

 少し古い情報ですが、2月26日東京新聞朝刊の
記事を紹介します。

 放射能汚染ごみ「一斉焼却方針」 宮城
 住民「毒ばらまくだけ」強まる反発「新たな風評生む」
 「8000ベクレル」国の線引き元凶
 出ない結論、野積み700ヵ所超
 原発事故は公害「規制法整備を」

 福島原発事故で放射能に汚染された牧草や稲わら
などの廃棄物をめぐり、宮城県が昨年、市町村に
示した一斉焼却の方針に住民たちが反発している。
焼却の対象は、県内700カ所以上で野積みされている
放射性セシウムの濃度が1キロ当たり8000ベクレル以下
の廃棄物。県の方針に慎重な自治体もあり、現在まで
結論が出ていない。元凶は国が住民との相談
もなく、一方的に決めた「8000ベクレル」の線引きに
ありそうだ。(以上引用)


 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: