So-net無料ブログ作成
検索選択

兵庫県篠山市安定ヨウ素剤配布 [ニュース]

 朝日新聞が報じている。

 兵庫県篠山市は31日、福井県にある原発で事故が
起きた時に備えて、甲状腺被曝(ひばく)を防ぐために
服用する安定ヨウ素剤の市民への配布を始めた。
同市は、29日に再稼働した関西電力高浜原発から
約45キロ。国は自治体に、5キロ圏内では住民への
事前配布を、30キロ圏内では備蓄を求めているが、
内閣府は「30キロ圏外での事前配布は聞いたことがない」と
している。

 兵庫県は2014年4月、福井県の原発事故で
放出される放射性物質の拡散シミュレーション
公表。篠山市では甲状腺等価線量が100・1ミリ
シーベルトと予測され、国際原子力機関(IAEA)が
定める安定ヨウ素剤の服用基準(50ミリシーベルト)
を上回った。
 そのため市は、約600万円の予算を計上。
3月下旬までに市内各地の公民館などで、対象となる
3歳以上の市民の希望者に配る。
 市東部の配布会場ではこの日、市民らが医師から
服用の際の注意を受け、薬剤師の問診を受けて
同剤を受け取った。家族5人分を受け取った女性
(44)は「福島の原発事故があったので不安はある。
自治体が手を打ってくれてありがたい」と話した。

 良いね!勇気ある決断に拍手!篠山市は防災
積極的な姿勢に好感!

 思い出すがよい!
福一原発事故発生直後に当時の福島医大の山下某 教授(「ミスター100ミリシーベル」)は 福島県民にはヨウ素剤は服用不要と言いながら、 医大関係者にはこっそり服用させたことを! (福島医大公文書公開請求でこの事実が判明した)

 この厚顔無恥な破廉恥きわまりない「二重基準」!

 そんな原発ムラとは一線を画する篠山市の英断こそ
住民の生命と財産を守ろうとする自治体の本当の
姿だと思う。


2015年12月測定結果について [測定結果]

 おけましておめでとうございます。
高槻・市民放射能測定所は今年も内部被曝ゼロを
めざし、食品等を全力で検査して参ります。
 よろしくお願いします。6/5(日)14時から
「開設3周年イベント」を行います。
ビックゲストを予定しています。詳細決まり次第
お知らせします。

 さて、2015年12月度の測定結果をお知らせします。

page001.jpg

 セシウム検出例を何点か説明します。
「定量限界未満」とは不検出ではなく、「存在するが
定量的な数値が出ない」ということなので注意ください。

<12/4 茨城県の2015年産玄米
 驚きの数値(14Bq/kg)がでました。既報です。

<12/2、3の福島白米>
 避難解除準備地域の2015年産のうるち米を精米しました。
 これを測ると1.9Bq/kg検出。
20151203hukusima-hakumai.jpg

 しかしこれをよく洗浄して測定すると
定量限界未満となりました。
20151202hukusima-hakumai-senjo.jpg

 セシウムは水によく溶けます。逆に言うと
セシウムを含んだ野菜を煮だしたときは
その水が捨てることです。

<12/7滋賀県の干し椎茸>

20151207siga-siitake.jpg

 これは、持ち込まれた方が自家製された干し椎茸です。
使用する原木は大阪産でしたが、セシウム137を
検出しました。重量補正して8.9Bq/kg。ただし
要領が少ないので検出下限値は2.88Bq/kgです。
大気中核実験やチェルノブイリ
影響が今なお残っていることを意味します。

<12/18大分県産の干し椎茸>

20151218oita-siitake.jpg

 これは市販されている干し椎茸です。
 容量が少ないことやK40の数値が高いことから
 セシウムの数値を押し上げているとおもわれるので
 微妙なところですがセシウム137のピークは明確です。

<12/22 お好み焼き粉>
 大手コンビニで売られていたお好み焼き用の粉です。

20151222okonomiyakuko.jpg

 オールセシウムは1.6Bq/kgですが、いわゆる
「セシウム3兄弟」のピークが見られます。
 福島原発事故由来のセシウムが含まれていると
判断できます。
 加工品のため産地記載が義務付けされていない
だけに、汚染した食品が紛れ込むことが
あるので、今後も要注意です。