So-net無料ブログ作成
検索選択

6月測定結果の一部訂正(6/16抹茶入り煎茶にははやりCsがあった) [測定結果]

 6月の測定一覧を再掲します。

page001.jpg

 6月の測定結果ですが、どうしても
気になるものが1つありました。

6月16日静岡抹茶入り煎茶>です。

 この時点での評価は、Bi214を誤検出していると
判断し、「不検出」としました。
 しかし、これまで多くの静岡茶を測定してきましたが
そのほとんどが数ベクレルは検出していましたので、
気になっていたのです。そこで、8月再測定を
行うことにしました。と共に懇意にして
もらっているゲルマ測定器(テクノエービー社TG1508)を
お持ちの測定所にも測定依頼を行い、
クロスチェック(48時間測定)を行いました。

(1)当測定所の再測定の結果
20160805izuoka-sentya.jpg

 検体の重量(当使用機器は320gが基本)が
220gなので重量補正をした結果、
 AllCs:2.5Bq/kg Cs137:1.6Bq/kg Cs134:0.87Bq/kg
となりました。ただし、重量が320gに満たないので
下限値1.3Bq/kgです。

 どの測定器(シンチレーション)でも、K40の値が大きと
コンプトン散乱を引き起こし、セシウムの量を多めに
測定してしまいます。特にK40 の多いお茶は尚更です。
 そこで当測定所の使用機器(Zip)では、K40の影響を
限りなく小さくするためにBG(バックグラウンド)に
重さの異なる数種類の炭酸カリウムのスペクトルを
測定してそれをBGにしています。
 このお茶の場合は3gの炭酸カリウムを
BGにすると、このお茶のK40の影響を限りなく小さく
することができました。

(2)ゲルマでの測定(48時間)結果
 ゲルマで48時間測定して頂いた結果が
出ました。

 AllCs:2.3Bq/kg Cs137:1.9Bq/kg Cs134:0.4Bq/kg 下限値は0.3Bq/kg
 
 ゲルマの測定結果と当測定所のそれとは
Cs134の数値は若干異なるとはいえ、
総量ではほど同じ結果となりました。
私たちは、こうしたクロスチェックを時々行うことで
測定の精度を確かめています。

 結論:6/16測定、8/5再測定した「静岡抹茶入り
煎茶」では総量2.3Bq/kg~2.5Bq/kg程度の福島原発事故 由来のセシウムがありました。
  
 以上、訂正いたします。(T)



2016年7月の測定結果について [測定結果]

 7月の測定結果をお知らせします。
page001.jpg

 セシウム検出例をお知らせします。

<7/14和歌山イサキ>
 5月に測定した(5/25)和歌山のイサキと同じ日に
釣れた別個体を測りました。内蔵を取り出し
可食部だけを測定。5/25の個体は1.1Bq/kg(下限値
0.9Bq/kg)でしたが、今回もほぼ同じの1.2Bq/kg
(下限値0.9Bq/kg)

 赤いスペクトルは個体のもの、土色のスペクトルは
K2CO3の0.5gバックグラウンド(BG)です。K40の値が
大きいとコンプトン散乱がおきて、セシウムの
測定結果をかさ上げするので、私どもの測定所では
できるだけK40の値を下げるBGを検体に合わせて
使用しています。
 同じ日に釣れた2固体のイサキの測定結果が
ほぼ同じになりました。

<7/17の干し椎茸>
2016717nara-siitake.jpg

 奈良産の干し椎茸を測定しました。
重量補正して、残念ながら6.2Bq/kg(下限値2.6Bq/kg)を
検出。これまでの測定でも椎茸からCs137の検出例は
時々ありましたし、他の測定所でも検出例は
よくあります。原木が福島産でなくても大気中
核実験やチェルノブイリ事故によって汚染されて
いると考えるしかありません。

 そこで、この干し椎茸を水によく戻した後に
その水をよく絞って測定しました。

 その結果が次の<7/17水戻し椎茸>です。

2016719nara-siitake-mizumodosi.jpg

 0.7Bq/kg(下限値0.6Bq/kg)となりました。
セシウムは水に溶けるので、減衰したものと
思われます。福島のお米や白菜でも過去に
試してみましたが、同様に減衰効果を得ることが
できています。もちろん、干し椎茸の戻した
だし汁は料理には使えません。
 ちなみにブログ管理者の私は、福島事故以来、
「椎茸」は購入していません。

 8月は次に期間を閉所いたします。 8/12(金)~8/17(水)

 なお、8/25(木)、8/26(金)に 親子無料測定会&見学会を行います。お子様の
夏休み「自由研究」にどうでしょうか?
共に1時~3時です。