So-net無料ブログ作成

毎日新聞「ダム底 基準値超セシウム」記事からわかること [ニュース]

 9/25(日)毎日新聞が「ダム底 基準値超セシウム」と
一面で報道している。森林から川を伝って流入した
放射性セシウムが濃縮され、ダム底に堆積してことを
環境省調査結果に基づき説明している。すなわち、
福島県内10カ所のダムに貯まった放射性セシウムは
多いところで84439Bq/kg、少ないところでも
10940Bq/kgとの結果。

 記事をよく読むと、「指定廃棄物の基準(8000Bq/kg)を
越えるダムは福島県内の10カ所」とあるが、調査対象は
「岩手から東京までの9都県の73カ所のダム」とある。
但し、「表層の水は1~2Bq/ℓ」(10/6に「検出下限値以下
だった」との訂正記事が出された)だから、
そのままダムに閉じ込め(放置し)て置いた方が良いとの
環境省の考えのようだ。

 当ブログでは、再三再四、検査結果を基に「東京
埼玉の水道水はセシウムで汚染されている」と
警告してきたが、その汚染原因がはっきりしたように思う。

 東京都のダム底に貯まったセシウムの量(公表は
なされていないが)は8000Bq/kg以下ではあるが、
明確に存在しているといことをこの記事は暗に
述べているのである。そのセシウムが少しずつ
水道水の中に混入していると考えれば、
zipによるセシウム検出結果は合点がいくことになる。

 東京の水道水は10Bq/kg以下かも知れないが、
セシウムの汚染されている。「直ちに人体への
影響はない」かも知れないが、内部被曝した
その影響は少しずつ現れると危惧している。

 すべてのデータの公表を強く求めたい。




 

zip測定能力のチェック [測定結果]

 当測定所が使用しているCsIシンチレーションZip
わずか320gの検体で10時間測定することで
ほぼ下限値0.6~0.9Bq/kgまで測定が可能という
優れものです。

 私たちは、このシンメトリック社Zipの測定能力を
次の試料を使って定期的にチェックしています。

20160915_104517.jpg

  シンメトリック社の2015年4/1提供の「5Bq試料」です。
この試料は、 「Cs137が3.89Bq、Cs134が1.11Bq、 合計5Bq」と
いうもの。一級の検査技師でもある野中社長が作成したものです。

 両Csともご存じのように放射線を出して
崩壊していきます。(半減期はそれぞれ30年と2年)

 <2016年9/1測定結果>

 2015年4/1から518日経過しています。その時点での
Cs量は理論値では、
Cs137が3.77Bq、Cs134が0.7Bqで、合計4.47Bqと
なっています。

 スペクトル表を見てみましょう。

20160902-5Bq試料.jpg

 Cs137は4.0Bq/kg、Cs134は0.5Bq/kg、合計4.5Bq/kgと
なりました。若干の誤差はありますが、ほぼ理論値と
同じ結果が出ました。

 確かな試料を使って測定能力をチェックし、それを 公開することは非常に大切であると私たちは
考えています。

 測定への信頼に関わるものと思います。

8月測定結果について [測定結果]

 2016年8月の測定結果についてお知らせします。
8月はお盆期間中の閉所もあり17品目を
測定しました。

 page001.jpg
 特徴的な検体について説明します。

<8/24の福島マスク>
 6月に福島市内へボランティアに行かれた
方が、一日4時間の屋外にいた時に使用した
マスク4枚分(約50g)です。

 20160824福島マスク.jpg

 セシウムのピーク(662keV スペクトル表では331chに表示)
はありません。念のため20時間測定を行いましたが、
不検出と判断しました。
 ただ、このマスクの性能がよくわかりません。
セシウムは濾過できなかったのかもしれません。
もちろん、β線を出すストロンチウムなどはこの
機器では測定できません。

<8/28福島もやし2>
 秋田市内で販売されていた「福島県産もやし」
を2種類測定しました。普通1パック40円前後
で売られているもやしですが、秋田のスーパー
では福島県産のもやしが20円を切って売られて
いたそうです。
 もやし1は、1パック20円少し、もやし2は20円を切る
価格。

 もやし1は「定量限界未満」でした。セシウムの
ピークはあるので、セシウムがあることは間違いないが、
下限値より低いので、その量を定めること(定量)が
できないことを意味します。

20160828-福島もやし2.jpg

 もやし2のスペクトル表です。
Cs137のピークは少なくとも間違いなく
存在します。合計で0.9Bq/kgとなりました。
もやしの主成分はほとんど水ですので
もやしを乾燥させて測定すればもっと
正確な測定ができますが、量が足りません。

<8/27 カレールー>
20160827-カレールー.jpg

 大阪で売られていた「子ども用」と表示の
あるカレールー」を測定。
 Cs137のピークは間違いなく存在します。
合計で1.3Bq/kgです。
 少なくとも「子ども用」としては不適切な
商品といわざるを得ません。
加工品は産地表示が義務づけられていません
のでセシウムの出所を特定できないのです。

 今後も加工品へのセシウム混入に警戒が
一層必要です。

 不安に思ったら是非一度測定して
見ましょう。当測定所は1品500円(会員)
で測定しています。

9/25(日)無料測定会のご案内 [日頃の活動]

本測定所では食品の放射能測定に関心を持って
頂けるよう毎月1回、無料測定会を行っています。
 9月は9/25(日)13時~15時に行います。

 食品や土壌の放射能検査の実際を追体験して
頂けます。東京都内某所で採取した
セシウムに汚染された「道路上の土」の
デモ測定も行います。
 測定希望の検体は320gをご持参下さい。

 電話(本澄寺 072-669-1897)か
メール(hsnk@tcn.zaq.ne.jp)でお申し込み下さい。

埼玉県川口市の水道水からもCs-All49.6Bq/kg [ニュース]

葛飾区の金町浄水場からの蛇口水に含まれる
福島第一原発事故由来のセシウムを数多く測定して
こられた「シーディークリエーション」から
新情報を頂きました。紹介します。

 埼玉県川口市の水道水からもCs-All49.6Bq/kgを
検出したというもの。

 約2,400Lの温水水道水をゼオライトで吸着させて、それを測定
しています。0.0207Bq/Lとなります。

首都圏の皆さん、この事実をよく
見てほしいと思います。

 記事はこちらをご覧下さい。