So-net無料ブログ作成
検索選択

医療問題研究会の「周産期死亡増加」についての論文 [ニュース]

 10/27(木)第5回低線量被曝と健康被害を考える
集いで報告を行う医療問題研究会から、
講演の概略が伝えられました。
 是非、実際の講演をお聞きになってほしいです。

紹介します。

周産期死亡が福島とその近隣5県と千葉、埼 玉、東京
明らかに増加しているとの論文 を掲載することが
出来ました。

 ドイツのこの分野で非常に著名なHagen S cherb氏と
森 国悦、林 敬示氏の共著として 、Medicineという
インターネット専門の査読付きの医学雑誌に掲載されました。

Google「perinatal mortality fukushima me dicine」 で
検索し無料で入手出来ます。

 概略 2001年から順調に減少していた周産期死亡
( 妊娠22週から生後1週間までの死亡)率が 、 放射線
被曝が強い福島とその近隣5県(岩 手 、宮城、福島、
茨城、栃木、群馬)で2011年3月の事故から10か月後
より、急に15 .6 %(人数としては約3年間で165人)も
増加 し、そのまま2014年末まで推移してい ます 。
また、被曝が中間的な強さの千葉、東京、 埼玉でも
6.8%(153人)増加、 これらの 地域を除く全国
では増加していま せんでした。 これはチェルノブイリ後に、
ドイツなどで 観察された結果と同様です。

チェルノブイリと違い、東日本大震災では 震災と
津波の直接の影響がありました。こ れまでの同様の
調査では震災直後の一過性 の周産期死亡率の増加が
ありました。 そこで、今回は津波の人的被害が
著しかっ た岩手、宮城と比較的少なかった他の4県を
分けて検討してみると、震災直後の増加は 岩手、宮城で
著しく、他の4県では見られま せんでした。
これは津波、地震の一過性の増加は津波、 地震の影響に
よるが、10ケ月後からの増加は、津波、地震の直接的
影響ではない可能 性が高い事を示します。

中 略

 今回の結果は政府の帰還政策と関連するこ と、オタワ
宣言が強調する様に、政府とし て健康に対する
環境要因を検討することを 求めています。

[論文の意義]

1) 甲状腺ガンだけではない障害も既に生じ ている
ことを明白にしました。
2) 被曝による 障害が、福島県以外の東北関東、更に
東京 、埼玉、千葉にも広がってい ることも示し ました。
3) これまでも、同様の結果を示す幾つかの 研究が
発表されてきましたが、今回は初め て査読付きの
医学雑誌に、福島原発事故としか考えられない原因で
周産期死亡が増加 していることが論文として掲載されました 。
4) 内容的には、初めて福島とその近隣5県 を津波の
直接的な人的被害の程度の2群に分けて分析することに
より、震災直後の死 亡率の増加が津波の直接的な
影響によるこ とを示すことが出来ました。
5) ドイツの専門家との交流を発展させ、今 回初めて
共同作業での成果を出すことが出 来ました。

「これからの運動上の方針」
この成果を、 出来るだけ多くの人に知らせます。


10/27(木)第5回低線量被曝と健康被害を考える集いが大阪で開催 [イベント紹介]

第75回公衆衛生学会-自由集会-
第5回低線量被曝と健康被害を考える集いの
案内がありましたので紹介します。


 10月27日に大阪で開催されます、第75回公衆衛生学会の
中で開催します-自由集会-「第5回低線量被曝と健康被害を
考える集い」のご案内をさせていただきます。
 福島原発事故以来、山口、津、宇都宮、長崎で
開催してきた自由集会も、本年で5回目となり、
今年は大阪が会場です。

医療者と共に、一般市民の方もご参加ください。

**********************************************
日時:10月27日(木) 18:00~20:00
会場:CIVI研修センター新大阪東 7F E705 http://www.civi-c.co.jp/access.html#higashi

報告1.「甲状腺がん検出状況の報告と100ミリ
シーベルト閾値の問題」
津田 敏秀 (岡山大学大学院環境生命科学研究科)

報告2.「福島を含む汚染都県における周産期死亡の増加」
(医療問題研究会)

議論:参加者と
************************************************

岡山大学の津田先生は、国際環境疫学会が発行する
“Epidemiology(疫学分野のトップジャーナル)”
に福島県の小児甲状腺がん多発を疫学的に分析
した論文を発表され、昨年10月オンライン上で
先行公開されて、本年5月に正式掲載され、
今話題になっています。
 小児甲状腺がんの多発は「スクリーニング効果」
ではなく、「被ばくによる過剰発生」であると
結論づけておられます。

 論文が掲載に至るには、専門家たちの厳しい査読を
経ており、甲状腺がんの異常多発という事実が、
質の高い科学的根拠として国際的に評価されたことを
意味しています。
 今、福島における甲状腺がんの多発が世界中に知られ、
昨年からこの問題が、世界最大の環境汚染などを
専門とする国際環境疫学会(ISEE)で議論され、
甲状腺がん異常多発を認める意見が疫学の専門家で
圧倒的多数になっています。

 最近は、「第5回放射線と健康についての福島国際
専門家会議」(本年9月)や、甲状腺がん多発に関する
「批判論文」も幾つか出ています。しかし、その内容は、
甲状腺がん発見の地域差の検討やチェルノブイリの
患者の年齢比較などにおいて科学的内容に大きな
問題点を持つものになっています。
 当日の集いでは、甲状腺がん多発、低線量被ばくの
危険性=100ミリシーベルト閾値の問題などに関して、
科学的根拠に基ずく医療的議論、論争を通じて真実を
明らかにしていきたいと思っております。

そして、福島原発事故後の広範な健康被害の増加を
考えていきます。本年9月に、原発事故後の放射線被曝が
強い福島とその近隣5県で周産期死亡が明らかに
増加しているとする医学論文が、Medicine
(インターネット専門の医学雑誌)に掲載され、
今話題になっています。
 甲状腺がんだけでない障害も既に生じていることを
明白にしたこと。被ばくによる障害が、福島県以外の
東北関東、さらに、東京・埼玉・千葉にも広がっている
ことも示したこと、で大きな意味があります。
医療問題研究会の以下のサイトで概略、論文 (PDFで閲覧)がご覧になれます。
 福島原発事故と関連して周産期死亡が増加したとの
論文が医学雑誌『Medicine』に掲載されました
http://ebm-jp.com/2016/10/media2016002/ )

 今年で5年目を迎える「低線量被曝と健康被害を考える集い」
ですが、多くの人々にご参加をいただきながら、
公衆衛生医療を担うものとして問題を深める作業を行い、
一歩でも解決に向かう活動を行いたいと考えています。
ご意見、そして、ご参加いただけることを心より願っています。

医療者と共に、一般市民の方もご参加いただけます。
なお、当日は、公衆衛生学会-自由集会-主催の運営と
なります点をご了解ください。

代表世話人:津田 敏秀(岡山大学大学院環境生命科学研究科)
連絡先:「第5回低線量被曝と健康被害を考える集い」実行委員会
たかまつこどもクリニック 高松 勇
FAX 06-6167-8902,
meeting0522@gmail.com

2016年9月測定結果について [測定結果]

2016年9月の測定結果です。

page001.jpg

 9月は全部で15品目でした。
主な検出例を2つ紹介します。

<9月15日静岡緑茶
 2016年「新茶」の表示あり。

20160915sizuika-sentya.jpg

 炭酸カリウム2gをバックグランドにして
スペクトル表を表出しました。
Cs137(331ch)のピークが明確です。Cs134の
ピークは見えません。福島原発事故のセシウムは
減衰しているのでこのCs137が原発事故由来なのか
どうかはわかりません。
 しかし、重量補正すると4.5Bq/kgとなりました。

<9月26日の長野のそば>
20160926nagano-soba.jpg

 バックグラウンドは測定室を空にした
時のものを使いました。
 Cs137のピークは明確です。Cs134は数値は出ていますが
ピークが見えませんので誤検出と判断しました。
 検体は320gありますので重量補正は不要です。
残念ですが、2.0Bq/kgとなりました。

 その他の検出例もすべてCs137のみです。
チェルノブイリ事故から30年、放出されたCs137は
やっと半減したところです。大気中核実験の影響も
今なお少なからず残っていることは肝に
銘じておく必要があると思います。

 10月の「無料測定会」は22(土)13時~15時
行います。ご希望の方は、事前にメールか
電話で申込みの上、320gの検体を
お持ち下さい。
 072-669-1897 hsnk@tcn.zaq.ne.jp