So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ

東京「上野恩賜公園」の吹きだまりの土を測定!放射線管理区域並み!? [測定結果]

 東京観光でよく行く「上野恩賜公園」で吹きだまりの土を
9/15(金)に採取して測定してみた。場所は公園入り口近くの
ここの吹きだまり。(写真中の実線部分)

20170915_164328.jpg

 zipで10時間測定 検体は吹きだまりの土80g
 BGには無汚染を確認している「鹿沼土」使用(土色の線)
 赤線が上野の土のスペクトル。
 
20170918uenokouen-tuti.jpg

 検体が80gなので重量換算します。
 Cs137は822Bq/kg Cs134は87.2Bq/kg Cs全体では909Bq/kg
 下限値は10.3Bq/kg

 青い部分のトップは331ch(Cs137)をピッタリさしています。
赤い部分のトップは389ch(Ch134)をピッタリさしています。
301chにもトップがありますので、疑いもなく
原発事故由来のセシウムを検出しています。予想して
いた通りですが、原発事故から6年半経てのこの数字は
驚くばかり。

 この数字がどれほどのものか?これは、1㎡あたりにつもった
セシウムに換算(909*64)すると58176Bq/㎡になります。

 日本のこれまでの法律では40000Bq/㎡を越える場所は 「放射線管理区域」に指定されます。上野公園の土は5万Bqを
越えているのだから「放射線管理区域」です。

 元京大原子炉助教の小出裕章氏は講演の中で
「東京都の一部を含む広大な地域が、放射線管理区域に
指定されるべき汚染地であるという
現実を直視しないといけません。放射性物質を取り扱うことが
できる場所は、日本の法律によって特定の場所に
限定されています。それが放射線管理区域です。
一般の人が立ち入ってはいけない場所であり、私だって ここに入れば、水を飲んでも食事をしてもダメです。
管理区域から外に出る時には、汚染検査をしなければならないの
ですが、その基準値が4万Bq/㎡です。私の体のどこかに
4万Bq/㎡を超える部分があれば、除染しないかぎり
外へは出られないのです。管理区域から4万Bq/㎡以上の
汚染物=実験着などを持ち出すことも、禁止されています。
人間の住むところに4万Bq/㎡以上の汚染物があっては
ならないというのが、日本の法律です。」と述べています。

 つまり放射線管理区域とは飲食不可、防護服を
着て作業、まして子どもの進入は禁止なのです。

 上野公園には桜や動物園や博物館もあります。
老若男女が集う場所です。
 あたりを見回すと私以外にマスクを付けている
人はほとんどいない。吹きだまりの土は、風に吹かれて
ここに集積したものです。空気中に見えない、におわない
セシウムが漂っているのです。これが呼吸と共に
体内に取り入れられる、砂場などで手に触れれば
そこから体の中に浸透していきます。
 これを「内部被曝」というのは皆さん、よく
ご存じと思います。
 すぐには健康被害は現れませんが、数年を経ると
間違いなく、何らかの健康被害が出る可能性が高く
なります。空恐ろしさを感じます。

原発推進派や放射能を軽視する人の多くは、原発安全神話が
崩壊したので今度は、「放射能の安全神話」を広げようと
しています。それに使うのはいつも「空間線量の数値」です。
線量が低いから問題なしとするのです。
放射能の安全に明確な閾値はありません。

 だまされてはいけません。現時点の一番の問題は
空間線量ではなく、「内部被曝」です。体に取り込んだ
放射性物質は何年にもわたり、放射線を出し続けその付近の
細胞を傷つけます。

 東京で生活せざるを得ない方々は、くれぐれも
内部被曝を防ぐ努力していただきたいと思います。
 

nice!(0)  コメント(0) 

東京の水道水の汚染状況についてブログ紹介 [ニュース]

 時々紹介していますが、東京の水道水を
人工ゼオライトに通水し、セシウムを吸着させ、
その量を定期的に発表している「シーディークリエーション」
の取り組みですがを紹介します。
 検査機器は当方の使用しているzipと同じもの
です。
 原子力規制委員会も東京の水道水の多くが少なからず
セシウムに汚染されていることは公式に認めています。
6月に発表している東京都の水道水
のデータはセシウム134が0.0014Bq/L
セシウム137が0.0073Bq/L
放射性セシウム合計 0.0087Bq/L
です。

 今回はワースト3が報告されています。
No.1 千葉船橋市 通水量(ユーザー様申告)
52,500L カートリッジが吸着したセシウム総量
 1,128.96Bq/kg  1Lあたり0.0215Bq/L
*参照 http://cdcreation.grupo.jp/blog/1887327

No.2 千葉県松戸市 通水量(ユーザー様申告)
18,000L カートリッジが吸着したセシウム総量
 285.12Bq/kg 1Lあたり0.0158Bq/L
*参照 http://cdcreation.grupo.jp/blog/1793118

No.3  東京都葛飾区 通水量(流量計使用)
40,000L カートリッジが吸着したセシウム総量
 516.72Bq/kg  1Lあたり0.0129Bq/L

 ちなみにストロンチウムは原発内では
対セシウム比1:1で生成されると言われています。

 詳しくはこちらを参照下さい。

nice!(0)  コメント(0) 

2017年8月の測定結果について [測定結果]

 8月の測定結果をお知らせします。お盆休みが
あったので、持ち込み品も少なかったです。

 一覧表をご覧下さい。
page001.jpg

福島県伊達市の桃>
20170810hukusima-date-momo.jpg
 Cs137のピーク(331ch)が見えますので
「定量限界未満」です。下限値は0.6Bq/kg

<福島県福島市の桃>
20170810hukusima-momo.jpg

 こちらはCs137(331ch)にピークが見えないので
「不検出」です。下限値は0.6Bq/kg。

岩手県の白米>
20170827iwate-hakumai.jpg

 これは、Cs137のピークが明確です。
K40補正(コンプトン散乱の影響を差し引く)と
1.1Bq/kgとなりました。下限値は0.6Bq/kgです。
 これは精米したものですので、もし玄米
あればもう少し多くのセシウムが検出されたものと
思われます。

 ワインセラーに機器を収納することで
「温度ドリフト」の影響を抑制することが
できています。K40(730ch)にピークが
きっちりと出ています。

 当測定所の合い言葉は「心配な時こそ測定を!」
コーヒー1杯分を飲んだつもりで測定を!」です。
 会員さんは1品500円で測定します。

 どしどし、持ち込み下さい。また、測定所では
測定スタッフを募集しています。関心のある方は
是非連絡を下さい。
 hsnk@tcn.zaq.ne.jp

nice!(1)  コメント(0) 

2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ