So-net無料ブログ作成

2017年9月測定結果一覧 [測定結果]

 2017年9月の測定結果です。全32品目測定。
自主測定として、食卓を賑わせる「納豆」を集中的に
8月から引き続き測定しました。これについては、改めて
報告します。

 まず、一覧表をご覧下さい。

page001.jpg

 Cs検出例を順次説明します。

<9/11福島の玄米>
20170911hukusima-genmai.jpg

 地元の生産団体が放射能検査して不検出だったと
紹介している2016年産の玄米を「念のために」として
持ち込まれました。
 Cs137も134もピークが見えます。K40かさ上げ補正と
重量補正をした結果3.9Bq/kgとなりました。
ただし下限値は1.5Bq/kg。生産団体の放射能検査は、
下限値が大きいことがよくあります。注意が必要です。

< 9/21福島のカボチャ>

20170921fukusima-kabotya.jpg

 最近避難指示解除された村の農地で栽培されました。
皮付きで測定しました。Cs137のピーク(331ch)がクリアです。
K40かさ上げの補正及び重量補正の結果、全Csは
1.0Bq/kgとなりました。ただし下限値は0.8Bq/kg

<9/21福島のジャガイモ(皮なし)>

20170921fukusima-jagaimo-kawanasi.jpg

 同じ農地で栽培されたもの。
Cs137ピーク(331ch)ありますが、K40かさ上げ
補正の結果全Csはあるとしても0.2Bq/kg程度。下限値が0.6Bq/kg
なので、定量限界未満と判断しました。

<9/22福島のジャガイモ(皮あり)>

20170922fukusima-jagaimo-kawaari.jpg

 今度は同じジャガイモを皮も含めて測定しました。
Cs137も134もピークはクリアです。
K40かさ上げを補正しても1.6Bq/kg存在(下限値0.9Bq/kg)

 これまでの測定でもレンコン、サツマイモや落花生などの
地中で栽培される作物にはセシウムが多く取り込まれる例が
多かったです。土壌に含まれたセシウムが取り込まれるから
だと思われます。どうしても食べるのであればよく洗い、
皮はしっかりと剥くことをおすすめします。

<千葉の梨(皮付き)>

20170925tiba-nasi.jpg

 Cs137ピークはクリアに出ています。
K40かさ上げ補正を行うと1.6Bq/kgとなりました。

 心配なときは、測定することをお勧めします。
内部被曝をしないために!

 「納豆」の自主特定の結果は改めて報告します。





nice!(0)  コメント(0)