So-net無料ブログ作成

福島に残っている人たちの対話の記録

 福島県中通り地域の人たちの対話集会(2017.11)の一部

 拡散希望されているので、対話集会での住民の
方々の発言の要約(一部)を紹介します。
 福島現地の「生の声」 に触れることができます。

*Mさん(男性 教員 中通り在住)
教員という立場で生徒たちの健康のことは考えていますが、
自分の健康についてはもうどうでもよい、長生きしても
しょうがないみたいなところもあります。

*Jさん(男性 カメラマン 中通り在住)
・2015年に、突然目が膨れ上がってしまいました。血液に
よる目の腫れということで、白血球の数値が普通6000位
なのに65000もありました。10日ほど入院して点滴など
をしました。原因はわからなかったです。

・福島民友や福島民報など新聞は 復興 きずな などばか
りです。健康被害などは風評被害扱いです。
・自主避難は自己責任と言った大臣がいました。本当は
自己責任ではなく、国が責任をもって避難をさせなけれ
ばいけないのです。根本の所がごまかされています。

*Lさん(男性 学校勤務 中通り在住)
自分の身体を守るという考えがマヒしていて、ホットスポ
ットに近づいても怖いとか危険とか感じなくなりました。

*Cさん(男性 中通り在住 妻と子は避難した)
私の住む町は20μSv/時以上あります。時間が経つにつれて
マヒしてきています。日常生活の中でまあ大丈夫なんじゃな
いと気にせず過ごしています。

・子供たちの集団登下校を見ると「本当にごめんね」と思い
ます。こんな状況になってまで、以前と変わりない日常をおくらせ
ようと国・県がするのはおかしいでしょうとみんなが気が付
いていると思います。
・コミュタン福島という子供たちへの放射線教育の施設では、
復興、風評被害の払しょく、元気にしたい などばかりを教
えています。子供たちをそのように誘導しています。

*Oさん(男性 中通り在住 妻は避難した)
家の中のほこりを集めて測ると4700ベクレル/kgあります。
ここで暮らせる状況ではありません。
・どこかに落ち着く先が見つかりません。行ったり来たりで
多分転々としながら死んでいくんだろうなという気がします。
国と東京電力がしたことの責任だけは絶対に許せないです。

*Kさん(男性 関東へ避難)
福島の状況、思いは外へは全然伝わっていないです。そうい
うのがもっと表に出てくれば、社会的にも変わってくると思
います。

*Nさん(2児の母 一時避難後福島に戻った)
夫は「放射能のことは考えたことはない。男は仕事だ」と
言います。

*Fさん(男性 県外在住)
国とか、社会に預けてしまっていた自分の力を取り戻して、
一人ひとりがプライドや自覚を持って生きることが重要と
思います。(ここまで)

情報元はこちらで読むことができます。

nice!(0)  コメント(0)