So-net無料ブログ作成
検体の持ち込み方 ブログトップ

検体の持ち込み方についての注意事項 [検体の持ち込み方]

 当測定所は2013年6/9(日)に正式に開所しました。

 6/17(月)までは、試験検査期間中として特別に無料測定を
行いました。たくさんの検体持参に感謝します。

 6/18(火)より検体1品につき会員500円、非会員1000円を
頂きます。

 検体持参についてお願いがあります。

(1)必ず、zip袋2つにそれぞれ160gの検体を入れて持ち込みください。zip袋は、14㎝*10㎝。コーナンなどのDIYのお店では、「文房具コーナー」に
常備されています。

(2)必ず事前連絡(電話、FAX等)した上で検体を持ち込みください。アポなしで 持ち込まれても対応できませんので。
 
 本測定スタッフは完全ボランティアで作業しています。また、本澄寺関係者は
お寺の業務も行いながら測定しています。測定をスムーズに行うために
上記の2つは必ずお守りください。

 

高槻・市民放射能測定所測定申し込みについて [検体の持ち込み方]

 高槻・市民放射能測定所測定申し込みについて

 6/9(日)オープンまでは試験検査期間です。測定量は無料です。

 当測定所の検査機器はシンマトリック社のiFKR-ZIP
(ヨウ化セシウムシンチレーション)です。10時間測定すれば、
1ベクレルまで検査することが可能です。

 食材等の放射能測定を申し込まれる方は次の手順で申し込んでください。

1.別紙「測定依頼書」を記入し、FAXで申し込んでください。

2.検体は必ずご自身で測定所まで持参ください。郵送では受け付けません。
 「持ち込み・持ち帰り」を原則とします。

3.検体の持ち込み方
 検体(肉、魚、野菜など)はよく刻んで空気の隙間のないように2つの市販の
zip袋(14㎝*10㎝)に内容量各160gを充填し、測定所まで持参ください。
米については刻む必要はありません。
 写真を参照ください。

DCIM0134.JPG

DCIM0133.JPG

4.測定は各検体10時間を基本にします。
 本測定所の検査機器は、検査1時間で 誤差±3.0ベクレル/kgの範囲内で
放射能を検出します(定量下限値は2.1ベクレル/kg)。
数十ベクレルあるものは1時間でも可能ですが、数ベクレルのような
検体ですと正確な測定には10時間が必要となります。
 開所から10時間測定を基本にしています。
10時間測定の場合は誤差±1.0ベクレル/kg(定量下限値0.9ベクレル/kg)です。
10時間測定なので検体をお預かりして後日取りにきていただく
ことになります。




検体の持ち込み方 ブログトップ