So-net無料ブログ作成
検索選択
検査機器 ブログトップ

国立研究開発法人産業技術総合研究所の「標準玄米」試料測定 [検査機器]

「国立研究開発法人産業技術総合研究所」
が開発した「放射性セシウムを含む玄米の認証標準物質」
(以下、「標準米試料」と略す。2012年8/31から頒布)を
ZIPで測定し、ZIPの測定能力にどれほどの正確性が
あるのか検証してみました。

1.「標準米試料」とは?
玄米粒で試料量は81 g(正味質量)
放射能濃度 Cs全体 85.4 Bq/kg(2012年8/1段階)
その内訳は、Cs137が51.8、Cs134が33.6でCs全体85.4Bq/kg
となっています。
 この試料について、産総研のHPではこう書かれています。
「今回頒布する認証標準物質の放射能濃度は約85 Bq/kgであり、
厚生労働省による一般食品の放射性セシウムの基準値
(100 Bq/kg )より若干低い。そのため、検査機関が
この認証標準物質の放射能を正しく測定できれば、
基準値を超える食品の放射性セシウムの測定が
できることの確証となる」と。
つまり、測定器が正しく測れているかの大きな目安となるわけだ。

2.頒布された試料の現在の理論値(計算値)
 頒布当時Csは85.4Bq/kgだったが、経年しており
値は減少しているので、現在の推定理論値を示します。
 Csall 53.99Bq/kg  Cs134 7.32Bq/kg  Cs137 46.67Bq/kg

3.当測定器(ZIP)を使って10時間測定の結果

 20170215hyoujun-genmai-hon20h.jpg

 ZIPは検体は320gですが、標準米試料は81gです。
打ち出されている数値を重量換算する必要があります。
その結果は次の通りです。

 ZIP測定値 Csall 52.9Bq/kg  Cs134 7.50Bq/kg  Cs137 45.83Bq/kg
  計算値 Csall 53.99Bq/kg  Cs134 7.32Bq/kg  Cs137 46.67Bq/kg

下限値(ZIPでは誤差数値の3倍が下限値となる)は
本体が81gなので、重量換算して3.6Bq/kgです。測定値と
計算値との差はわずかに-2.02%です。


 検体がお米なので天然核種が妨害を行っているかも?と
考え、Cs137のカウントが1カウントしかなかった
「丹波産の白米のスペクトル」をBGにしてみました。
 スペクトル表をご覧下さい。

20170215hyoujun-genmai-hakumaibg.jpg

 空の20時間BGの時と同じように重量換算してみると
こうなります。

 ZIP測定値 Csall 53.73Bq/kg  Cs134 7.51Bq/kg  Cs137 46.22Bq/kg
 計算値  Csall 53.99Bq/kg  Cs134 7.32Bq/kg  Cs137 46.67Bq/kg

 下限値は3.6Bq/kg。その差はわずかに-1.15%になりました。
 トータル値でもマイナス1%強。標準米試料がわずか81gにも 関わらずです。手前味噌ですが、ZIPの優秀性を改めて実感した
次第です。

 このように当測定所では、この「標準米試料」の他にも
ZIP販売元のシンメトリック社が開発した「5ベクレル試料」を
定期的に測定して、機器の正確性を確認しています。

 高槻・市民測定所は「1ベクレルまで測る」ことに
拘って活動します。




Zip測定環境の改善について [検査機器]

 どの種類の測定器でも、1.自然放射能の影響排除と
2.測定室温度管理が一番難しい。

 私どものヨウ化セシウムのシンチレーションZip
では、1については、機器(それ自体が鉛に覆われていて
本体50kgあるが)そのものの6面を汚染されていない
鉛板で覆って、それなりの効果を上げていました。

1483429698511.jpg

 2.については、本来はエアコンを年間通して
使用すれば良いのですが、電気代負担は大きいものが
あります。測定料金を低く抑えるには、ランニングコストは
できるだけ下げなければなりません。

 そこで、これまでは機器を木箱に収納
ペルチェ素子を使って、温度調節をしてきました。

20160414_094933.jpg

 しかし、安定性に懸念があることから、思い切って
「恒温器」の中にZipを収納して測定温度を一定に
できないか?と考えました。しかし、実験用の「恒温器」は
非常に高価ですので、私どもは、それに代用品として
ワインセラー」を購入することにしました。

 この年末年始に遮蔽用の鉛含めて総重量約150kg
の機器を分解した後にワインセラーへの再収納作業を
行いました。そして、デモ測定を繰り返し、これまでより
明らかに良好な測定結果を得ることができました。
(しかし、年末年始含めてZIpの2度の分解と収納を
行った結果、閉所期間が長くなりました)

20170112_121611.jpg

 これにより、検体を入れるbox付近はほぼ16度前後に
安定できるようになりました。

 2017年1/11から本格的に測定所を再開します。

 放射能汚染が心配なときには
 コーヒー一杯を飲むつもりで1品500円で測定を!

 12月の測定結果の整理が遅れています。
すいません。近日中にアップします。

放射能測定の正確性を高めるために鉛による遮蔽を強化 [検査機器]

 放射能測定、特に低レベルの放射能測定での
最大の問題は「自然放射能」の存在だ。
だから、より正確に測定するためには、可能な限り
自然放射能の影響を取り除く必要がある。
そのためには鉛による遮蔽が重要であることは
常識だ。

 高槻の測定器(zip)は下限値1Bq/kg(10時間測定)の
優れもの。製品段階で底や周囲は4㎝の鉛板で覆われている。
しかし、当測定所ではこれに加えて、底部や周囲には
厚さ2㎝粒状鉛で覆っていた。

しかし、底からの自然放射能の影響がまだ見られた
(K40の値が比較的多い)ために今回、底部に
更に厚さ5㎝の鉛板での遮蔽を施した。
結局、底部は4㎝+2㎝+5㎝=11㎝の鉛、周囲は
6㎝の鉛で遮蔽となった。

 鉛は非常に毒性のある金属。しかもやわらかいので
手でこすったりすると微細な粒子が付着して皮膚
からも吸収されていく危険性も。子どもだけでなく大人にも
中枢神経毒悪影響を及ぼす可能性があるので
慎重な作業を要した。

DSC_2_s.JPG
新規購入した厚さ5㎝の鉛板を慎重に
テープで固定。

 これを機器の底部に据え付け(これで約60Kg)
zipをこの上にのせた。重さは、
機器50㎏+粒状鉛60㎏+鉛板60㎏=170㎏
となった。

20150717_121730.jpg

 この遮蔽強化により、より正確な測定が
可能になると思われます。
乞うご期待です。


検査機器iFKR-ZIP設置完了 [検査機器]

 筑波からシンメトリック社長自らおいで頂き、検査機器の設置が
5/18(土)に無事完了。

 厳重に梱包された機器が社長自らの手で組み立てられ
無事本澄寺事務室に設置されました。

DCIM0131.JPG

 小型だけど、50㎏はあるそう。早速試験検査のデモを
実施しました。

 検体サンプルはこんな感じ。玄米ならzip袋に詰めて160グラムが
二つ。これで測定できる。

DCIM0133.JPG

 茨城産のサツマイモも検査してみた。芋をスライスして
袋に詰め込み投入口へ。念のためビニール袋で2重に。


DCIM0134.JPG

 測定所はスタッフの都合上、常時開所はできませんが、
シフトを早急に作り、開所日程をお知らせします。
試験検査中は測定量は無料です。

 

 

測定器の納期決定 [検査機器]

 高槻・市民放射能測定所が導入を決めている
シンメトリック社の「ZIP」の納期が決まりました。

 5/18(土)の午後。本澄寺事務所です。

関係スタッフが集まり検査の手順などの説明を
受ける予定です。

 なお、それに先立ちスタッフ会議を5/16(木)19時から
行います。興味のある方,スタッフ、ボランティアご希望の方は
どうぞご参加ください。次まで連絡いただければ幸いです。

 時枝 hsnk@tcn.zaq.ne.jp



ZIPの強み [検査機器]

 4/9(火)のスタッフ会議には、iFKR-254という放射線
測定器をお持ちのTさんも参加されました。

 私たちが購入を予定しているiFKR-ZIPの前に開発された
機器です。モニターの形は同じとのこと。
パソコンにつなぎ、表示することができる。

DCIM0096.JPG

 この日は、Tさんが東京の某所で採取した土の測定を
行いました。線量自身は低いものの、ベクレルに換算すると
万単位の値になるそう。これが東京には汚染土として
各地に存在する。そこに多くの人が住んでいると思うと
ゾッとしてきます。しかも、これが食物を通して
体内に取り込まれ「内部被曝」になるかも?と思うと
更に気分が悪くなります。

 安い測定料(会員500円)で加工品もどんどん検査できる
測定所を早く設置したいと気合いが入りました。
ZIPは、検体400グラムで計測可能です。

 5月中旬に機器を本澄寺に設置します。納期が決まりましたら、
開所プレ企画を行います。正式の開所は6/9(日)です。




検査機器はシンメトリック社製品に! [検査機器]

高槻放射能測定所のスタッフ会議を行いました。
購入予定機器を最終的に(株)シンメトリックス社iFKR-ZIP
しました。

 検出器:CsI(TI)2インチ×2インチ×1インチ(厚)
測定下限値:1Bq/kg以下(Cs-137、トランクタイプは2.1Bq/k)
測定エネルギー範囲:80Kev~2MeV MCA2048ch、最大4096ch
外寸:30cm×30cm×20cm 重量:約50kg
適用スクリーニング法:スペクトル ピーク係数法

 据え置きタイプは温度管理もやりやすく、検出下限値が
1Bq以下(10時間測定)というのが決め手です。

 価格は157万円です。会員募集を更に進める意欲を
スタッフ一同固めました。

DCIM0076.JPG

 5月連休明けを納期とするつもりです。


 
検査機器 ブログトップ