So-net無料ブログ作成
検索選択

6/5(日)開設3周年の集い、無事終了 [日頃の活動]

 6/5(日)の開設3周年の集いは無事終了しました。
会員さん、境内でのアトラクション関係者など
延べ150人のご参加を頂きました。本当に感謝です。
 測定所の1年間の活動報告、制服向上委員会の
オープニングライブ、入江医師による内部被曝の
公演、そしてファイナルライブと約2時間40分の
盛りだくさんな内容でした。

20160605_161749.jpg

 ライブでは、制服向上委員会の熱心なファンが
関東方面からも参加されました。第九の替え歌で
護憲を訴える「歓喜の歌」「戦争と平和」
「歌える場所があれば」などを熱唱。
社会派アイドルの面目躍如。これからも
頑張ってほしいと実感した次第。

20160605_143236.jpg

 入江医師の講演では、「福島の小児甲状腺がん健康被害は
今や因果論争ではなく、予防のための必要な対策が
必要」「年間10m㏜増えるごとにがんの確率は3%高くなる」
放射線の専門家なら『年間100m㏜以下の被曝では、
被曝によるがんが(過剰)発生しない』とは誰も言わない」等
学術資料を踏まえての説得力ある説明が85分ありました。
 その中でも一番注目をあびたのは、放射性物質とそこから
発せられる放射線を「線香花火」にたとえる説明と実際に
放射線が肉眼で見えるスライドでした。
「内部に放射性物質を取り込むとこの放射線が
何年間もその周辺の細胞に攻撃を加えることになる」との
説明には一同、刮目。内部被曝の危険性についての
認識は深まったと思いました。

 高槻測定所は4年目に突入。これからも「1Bq/kg未満」を
めざして測定を行います。 (文責T)

GW中の4月29日(金)~5月5日(木)は閉所します [日頃の活動]

 GW中の4/29(金)~5月5日(木)を閉所いたします。
あしからずご了承ください。

 5月6日(金)から通常通り開所いたします。

測定器Zip-Aの温度制御等について [日頃の活動]

 高槻・市民放射能測定所のZIP−Aのメインテナンスが
終わりましたので報告します。
まず、改善点1は10時間計測の間の温度変化によるピークの移動ゆらぎを下げて、
測定能力を更にアップするため温度制御をできる箱を作りました。

20160406_144335.jpg

デジタルサーモスタット、
20160414_094917.jpg


ペルチェ素子(ファンが組み立てられたもの)
20160414_094933.jpg

直流電源、リレー、市販のボックスなどで温度制御箱を
手作り作製。ペルチェ素子内部を暖房されたり、冷房されたりする
半導体です。ヒーターを使わないので火災の心配がありません。
サーモスタットはプラスマイナス1度で設定できます。
電極の切り替えはなリレーを買ってきてサーモスタットに
つなぎ、ON OFFの動作で電極が切り替わるようにしています。

 ペルチェ素子の消費電力は60Wですのであまり温度差が大きいと
足りないかも知れません。夏にかけて様子を見て、箱の外側を
さらに断熱するか判断したいと思います。

18度に設定したので、エアコンを入れる前は17−18℃を
行ったり来たりしていましたが、22度のエアコンを入れると
19度に張り付いてしまいました。

 これで10時間計測の間の温度変化によるピークの移動ゆらぎという
難題から解放されて、微量濃度の品物の検出感度が上がるのでないかと
期待しています。

 もう一つの改良は、Zip-AとMCAをつなぐケーブル
最近製造元のシンメ社が開発した「ノイズフィルター回路付き ケーブル
(少々高額だったが)を使用しました。
 まだ、最終的な判断はできないのですが、新しいケーブルに
交換してCs134の605keVのピークが肩ピークになって
出てきたのです。明らかに分解能が向上しましたと思います。

 以上、温度制御箱とノイズフィルター付きケーブルの採用で
更に測定能力アップしたZip-Aでどんどんと測定していきます。

 内部被曝を防ぐために1品500円で測定します。
コーヒー1杯を飲むつもりで食品の測定を!

3/6(日)無料測定会 [日頃の活動]

食品の測定の必要性を訴えるために毎月1回
無料測定会を開いています。3月は

3/6(日)無料測定会 13時~15時です。

 参加者お一人1品を無料測定します。
13時から説明開始しますので13時にご集合ください
検体は320gをご用意ください。
10時間測定を基本としていますので、結果は後日
お知らせします。
 参加ご希望の方は、測定所まで。
 メールは hsnk@tcn.zaq.ne.jp
電話は072-669-1897

ニュース紹介です。

 毎日体に取り入れる水、それが汚染されている
とした、どうなるでしょう?毎日内部被曝を
繰り返すことになります。

 以前にも紹介しましたが、最新測定結果が
でました。当測定器と同じZip を使った
水道水(東京都葛飾区)の結果結果です。

ブログの一部を紹介。
 「通水したゼオライト80gを取り出し、無汚染の
ゼオライト80gで取得したBGと対比させています。
前回までは4時間の測定を行っていましたが、
福島第一原子力発電所事故由来のCs-134のピークも
短時間でハッキリ見えた事から2時間の測定にしました。
 Cs-134 2.9Bq/kg Cs-137 13Bq/kg Cs-All 15.8Bq/kg

iFKR-ZIP-Aの基本検体量は320gですので、4倍の
63.2Bq/kg(Cs-All)が参考値です。」と。

 しっかりとスペクトル表もアップ
されています。Csの比率も正確です。
詳しくは、こちらを参照してください。



12/16(水)無料測定会案内 [日頃の活動]

次回の「無料測定会」を12/16(水)に行うことに
しました。

 日時:12/16(水)13:00~15:00
 場所:本澄寺内測定所
〒569-0003 高槻市上牧町2-6-31 本澄寺内

  電話かメールで事前にお申し込み下さい。
電話:072-669-1897  電子メール:hsnk@tcn.zaq.ne.jp
 
 ※測定は3検体(1人1検体で3人分)を予定。事前に電話か メールで
申し込みの上、検体(食品又は土壌を400g)を
お持ちください。1検体10時間測定ですので検体そのものは
最終的にお預かりすることになります。

 ※測定開始前に測定所見学と測定デモンストレーション
を行います。これまでの測定結果や使用機器を使って
測定の仕組みを解説します。また、試料を使って
測定体験も行います。
 
 本澄寺には専用無料駐車場もございますので
 車での来所も可能です。

皆様のご参加をお待ちしております。

11/7(土)無料測定会&見学会 [日頃の活動]

 高槻・市民放射能測定所では恒例の
「無料測定会」を11/7(土)に行うことに
しました。
 多くの皆さんに測定所のことを知って頂き、
より身近なものに して頂けるようにとの思いから
です。

 日時:11/7(土)13:00~15:00
 場所:本澄寺内測定所
〒569-0003 高槻市上牧町2-6-31 本澄寺内

  電話かメールで事前にお申し込み下さい。
電話:072-669-1897  電子メール:hsnk@tcn.zaq.ne.jp
 
 ※測定は3検体(1人1検体で3人分)を予定。事前に電話か メールで
申し込みの上、検体(食品又は土壌を400g)を
お持ちください。1検体10時間測定ですので検体そのものは
最終的にお預かりすることになります。

 ※測定開始前に測定所見学と測定デモンストレーション
を行います。これまでの測定結果や使用機器を使って
測定の仕組みを解説します。また、試料を使って
測定体験も行います。
 
 本澄寺には専用無料駐車場もございますので
 車での来所も可能です。

皆様のご参加をお待ちしております。

8/26(水)13時~15時 無料測定会 [日頃の活動]

 再度のお知らせです。

当測定所は、放射能測定に関心を持って
頂きたいという思いや夏休みのお子さんの
「自由研究」への一助も兼ねて、無料測定会
を企画しました。

8/26(水)13時~15時 無料測定会
  参加者お一人1品を無料測定します。
  本測定所は1品10時間ですので、この日は
  1品しか測定できませんので、お預かりして
  検査し後日結果を報告します。
  検体は320gをご用意ください。

 参加ご希望の方は、測定所まで連絡ください。
 メールは hsnk@tcn.zaq.ne.jp
電話は072-669-1897 FAXは072-669-1899

7/23(木)測定体験会&8/26(水)無料測定会 [日頃の活動]

 当測定所は、放射能測定に関心を持って
頂きたいという思いや夏休みのお子さんの
「自由研究」への一助も兼ねて、次のような
イベントを企画しました。

 7/23(木)13時~15時 測定体験会 当測定所の検査機器であるzipを使って
 放射性物質を検出を実際に体験して
 もらいます。また、これまで測定した
 事例の中から放射性物質の有無をどのように
 判断したかを追体験して頂きます。

 8/26(水)13時~15時 無料測定会
  参加者お一人1品を無料測定します。
  本測定所は1品10時間ですので、この日は
  1品しか測定できませんので、お預かりして
  検査し後日結果を報告します。
  検体は320gをご用意ください。

 参加ご希望の方は、測定所まで連絡ください。
 メールは hsnk@tcn.zaq.ne.jp
電話は072-669-1897 FAXは072-669-1899

 どちらに参加希望か?参加者名と人数を
 連絡ください。

 皆様のご参加をお待ちしております。
 

 



高槻・市民放射能測定所開設2周年“内部被ばく”を考える講演・学習会 [日頃の活動]

高槻・市民放射能測定所開設2周年 “内部被ばく”を考える講演・学習

201505チラシ_v2.jpg

日時:2015年5/31(日)13:30開場 14:00開始~16:30終了予定
場所:本澄寺
参加費:500円(資料代)※避難者・被災者無料

 福島第一原発事故の発生から4年あまりが経過しました。
事故収束の見通しが立たない中、一般食品は上限
100Bq/kgまで流通が許されるなど、内部被ばくを
軽視した政策がとられ続けています。
 政府にはこのような甘い基準の撤回を求めるとともに、
内部被ばくによる健康被害の拡大を防ぐために、
市民自身が意識を持って生活を見直す必要があります。

 高槻・市民放射能測定所は開設2年を迎えるにあたり、
今一度、内部被ばくについて考える機会を設けたいと
いう思いから、講演・学習会を開催します。

プログラム
■14:00 高槻・市民放射能測定所より「測定所2年間の歩み」
■14:20 守田敏也さん講演 「内部被ばくについて」(仮題)

講師:守田敏也さん プロフィール
1959年生まれ。京都市在住。同志社大学社会的共通資本研
センター客員フェローなどを経てフリーライターとして活動中。
原子力政策に関し独自の研究・批判活動を続け、被災地も
度々訪問。関西を中心に各地で放射線防護の講演を
積極的に行っている。2014年よりドイツ・ベラルーシ・トルコ・
ポーランドでも講演を実施。とくにトルコでは日本からの
原発輸出予定地シノップに関わりを持っている。
 ブログ「明日に向けて」で日々、情報を発信するとともに、
物理学者矢ヶ﨑克馬氏との共著『内部被曝』(岩波ブックレット)が
ある。

主催:高槻・市民放射能測定所
〒569-0003 高槻市上牧町2-6-31 本澄寺内
ブログ http://takatsuki-sokuteisyo.blog.so-net.ne.jp/
申込み・問合せ先
電 話:072-669-1897(本澄寺)
     090-1023-6809(時枝)
メール:hsnk@tcn.zaq.ne.jp

駐車スペースには限りがあります。駐車場のご利用を
希望される場合は事前にお問合せください。

見学&無料測定会開催のご報告 [日頃の活動]

4/7見学&無料測定会開催のご報告

 高槻・市民放射能測定所は4月7日(火)10時から
見学&無料測定会を開催しました。
 お子さん連れのお母さんをはじめ、自ら測定所を
開設しようと活動されている方、お仕事で測定に
関わっておられる方、大学で教職に就いておられる
方など、合計9人の参加をいただきました。
 ご参加の皆さん、当測定所まで足を運んで貴重な
お時間を割いていただき、ありがとうございました。

A.jpg

 今回はまず、測定所が保管するサンプルのうち、
最もベクレル値が高い高濃度検体を短時間測定し、
セシウム134・137のスペクトルをご参加の皆さんに
確認いただきました。

 その後、参加者にお持ち込みいただいた検体を
簡易測定にかけた後、当測定所や測定に関して
個別に質問していただく、Q&Aタイムを設けました。

 最後はお茶を飲みながらの交流会です。
お話がつきず、当初予定した時間を延長して
実施しました。
 無料測定会を通じて、皆様がご関心をお持ちの
ことなど、少しでもお伝えできたのなら、
スタッフ一同うれしく思います。

[photoB]

 今回は予想を上回る参加者数と検体の
お持ち込みをいただき、デモンストレーションが
見辛い、予定した時間通りにプログラムが進まない
等々、不手際もありました。
 反省点は、次回以降の無料測定会の運営
活かしてまいりたいと思います。

 当測定所はこれまで年1回のペースで無料
測定会を開催してきましたが、開催回数を増やす
ことも視野に入れ、検討しています。

 無料測定、またその他のことに関しても、
ご要望がございましたら測定所までご連絡ください。

(スタッフF)