So-net無料ブログ作成
検索選択
イベント紹介 ブログトップ
前の10件 | -

11/27(日)東電福島第一原発事故被災者の健康と広島・長崎の被爆二世健康実態調査報告学習講演会 [イベント紹介]

11/27(日)東電福島第一原発事故被災者の健康広島
長崎の被爆二世健康実態調査報告学習講演会

福島の被曝、そして広島・長崎の被爆の重ね合わさるもの

http://aogiri2-3.jp/indexbox/20161127.pdf
https://www.facebook.com/events/695300550637486/

■三田茂医師のお話し & 三田茂医師×守田敏也さん(フリーライター)のトーク
■11月27日(日)午後1時30分~4時30分
■ラボール京都 4階第8会議室 (中京区四条通御前西北側)
▼資料代 500円

 京都「被爆2世・3世の会」は昨年「被爆二世健康実態調査」を
行いました。今回の企画で私たちはこの成果をみなさんと共有
したいと思っています。
 三田医師は福島原発事故で被災した子どもたちなど3,000人
以上を診療してこられた医師で、東京都小平市から岡山市に
移転されています。私たちはその三田医師に「被爆二世健康実態調査」の
結果の読み解きをしていただきました。
 今回、三田医師をお招きし、首都圏のたくさんの子どもたちなどを
診られて経験からつかまれてきたこと、調査の読み込みを踏まえての、
原発事故被災者の問題と重ね合わせたお話をしていただきます。
 講演後に私たちの会員であるフリーライターの守田敏也さんと
三田医師との対談で問題をさらに深め、みなさんと一緒に
今何をなすべきかを考える場としていきたいと思います。

三田茂医師プロフィール
東京都生まれ。小平市で先代から続く三田医院で長く診療を行う。
福島原発事故後、被曝影響が懸念される首都圏の子どもたちを
中心に3,000人以上の甲状腺や血液の検査を行い、
必要な診療を続けてきた。
 この過程で被曝の深刻な実態をつかむとともに同様の検査の
実行を多くの医師に訴えてきた。
2014年4月に先代から51年続いてきた医院を断腸の
思いで閉じて岡山に移転・開業。自身や家族の防護だけでなく
人々に避難を促すための転地でもあった。
その後も精力的に全国から訪れる人々の診察を続けている。

京都「被爆2世3世の会」
電話075-811-3202

10/27(木)第5回低線量被曝と健康被害を考える集いが大阪で開催 [イベント紹介]

第75回公衆衛生学会-自由集会-
第5回低線量被曝と健康被害を考える集いの
案内がありましたので紹介します。


 10月27日に大阪で開催されます、第75回公衆衛生学会の
中で開催します-自由集会-「第5回低線量被曝と健康被害を
考える集い」のご案内をさせていただきます。
 福島原発事故以来、山口、津、宇都宮、長崎で
開催してきた自由集会も、本年で5回目となり、
今年は大阪が会場です。

医療者と共に、一般市民の方もご参加ください。

**********************************************
日時:10月27日(木) 18:00~20:00
会場:CIVI研修センター新大阪東 7F E705 http://www.civi-c.co.jp/access.html#higashi

報告1.「甲状腺がん検出状況の報告と100ミリ
シーベルト閾値の問題」
津田 敏秀 (岡山大学大学院環境生命科学研究科)

報告2.「福島を含む汚染都県における周産期死亡の増加」
(医療問題研究会)

議論:参加者と
************************************************

岡山大学の津田先生は、国際環境疫学会が発行する
“Epidemiology(疫学分野のトップジャーナル)”
に福島県の小児甲状腺がん多発を疫学的に分析
した論文を発表され、昨年10月オンライン上で
先行公開されて、本年5月に正式掲載され、
今話題になっています。
 小児甲状腺がんの多発は「スクリーニング効果」
ではなく、「被ばくによる過剰発生」であると
結論づけておられます。

 論文が掲載に至るには、専門家たちの厳しい査読を
経ており、甲状腺がんの異常多発という事実が、
質の高い科学的根拠として国際的に評価されたことを
意味しています。
 今、福島における甲状腺がんの多発が世界中に知られ、
昨年からこの問題が、世界最大の環境汚染などを
専門とする国際環境疫学会(ISEE)で議論され、
甲状腺がん異常多発を認める意見が疫学の専門家で
圧倒的多数になっています。

 最近は、「第5回放射線と健康についての福島国際
専門家会議」(本年9月)や、甲状腺がん多発に関する
「批判論文」も幾つか出ています。しかし、その内容は、
甲状腺がん発見の地域差の検討やチェルノブイリの
患者の年齢比較などにおいて科学的内容に大きな
問題点を持つものになっています。
 当日の集いでは、甲状腺がん多発、低線量被ばくの
危険性=100ミリシーベルト閾値の問題などに関して、
科学的根拠に基ずく医療的議論、論争を通じて真実を
明らかにしていきたいと思っております。

そして、福島原発事故後の広範な健康被害の増加を
考えていきます。本年9月に、原発事故後の放射線被曝が
強い福島とその近隣5県で周産期死亡が明らかに
増加しているとする医学論文が、Medicine
(インターネット専門の医学雑誌)に掲載され、
今話題になっています。
 甲状腺がんだけでない障害も既に生じていることを
明白にしたこと。被ばくによる障害が、福島県以外の
東北関東、さらに、東京・埼玉・千葉にも広がっている
ことも示したこと、で大きな意味があります。
医療問題研究会の以下のサイトで概略、論文 (PDFで閲覧)がご覧になれます。
 福島原発事故と関連して周産期死亡が増加したとの
論文が医学雑誌『Medicine』に掲載されました
http://ebm-jp.com/2016/10/media2016002/ )

 今年で5年目を迎える「低線量被曝と健康被害を考える集い」
ですが、多くの人々にご参加をいただきながら、
公衆衛生医療を担うものとして問題を深める作業を行い、
一歩でも解決に向かう活動を行いたいと考えています。
ご意見、そして、ご参加いただけることを心より願っています。

医療者と共に、一般市民の方もご参加いただけます。
なお、当日は、公衆衛生学会-自由集会-主催の運営と
なります点をご了解ください。

代表世話人:津田 敏秀(岡山大学大学院環境生命科学研究科)
連絡先:「第5回低線量被曝と健康被害を考える集い」実行委員会
たかまつこどもクリニック 高松 勇
FAX 06-6167-8902,
meeting0522@gmail.com

6/5(日)開設3周年の集い 最新チラシ [イベント紹介]

 6/5(日)測定所開設3周年の集いの最新チラシを
アップします。このチラシを印刷してご持参頂けば
前売り料金(大人1000円、中高生500円)で
入場できます。

page001.jpg

 社会派アイドルグループ「制服向上委員会」のライブ
と小児科医入江紀夫ドクターの「内部被曝」についての
講演を企画しました。

 11時から境内でアマチュアやセミプロによる
アトラクション(入場無料、雨天決行)もあるという
盛りだくさんな内容。模擬店やフリマも
募集しています。管理人まで連絡ください。


 

6/5(日)開設3周年の集い(チケット代金一部変更あり) [イベント紹介]

page001.jpg

2016年6月をもちまして、本測定所は開設3周年を
迎えます。
 本測定所は、原発事故以降の放射能内部被曝に
警鐘をならすため、毎年600近くの検体を測定し、
その結果を内外に報告してきました。

 3周年を迎えるにあたり、集いの概要が決まりました
ので報告します。
日時:6月5日(日)
場所:高槻上牧本澄寺境内と本堂
概要:
 11:00~13:30 境内で模擬店・アトラクションタイム(無料)
 13:30 本堂(会場)開場
 14:00~測定所報告の後、「制服向上委員会」ライブ&
   入江紀夫医師の講演
<前売りチケット>  中高生500円 大人1000円
(当日券は500円増)
<アトラクションタイム>
 境内で各種出し物を1団体・個人15分の持ち時間で
 披露して頂きます。エントリーを募集します。
 また、模擬店も募集(場所代無料、但しチケット最低
 一枚購入)します。

 主催:高槻・市民放射能測定所
  〒569-0003 高槻市上牧町2-6-31 本澄寺内
 申し込み・問合わせ:電話:072-669-1897
  09010236809 時枝 hsnk@tcn.zaq.ne.jp



小児甲状腺がん検診と12/13(土)放射能の健康被害を訴える大阪公聴会 [イベント紹介]

12/13(土)放射能の健康被害を訴える大阪公聴会の主催者から
メールをもらいました。小児甲状腺がん多発に関する最新情報と
12/13公聴会の案内です。

【甲状腺検査の新たなデータ】
 11月30日の福島県民健康調査のあたらなデータの中で、
二巡目の検査で甲状腺がん患者が39人、うち手術をした人が
15人と公表されました。異常多発を再度確証した結果です。

 二巡目検査(「本格調査」)で気になる点があります。
前回の公表データでも感じましたが、まとめると、
詳しくは→ http://hinankenri.blog.fc2.com/blog-entry-154.html

★B判定などで2次検査を受診して、その結果が確定した人のうち、
「通常診断等」移行者の割合は現時点で73%で、一巡目検査
(県は「先行調査」と言う)の66%より高い。

★それにもかかわらず、「通常診断等」移行者のうち、
「細胞診受診者」の割合が一巡目検査時の半分の20%(一巡目では40%)
である。甲状腺がんの異常多発を隠しようがなくなった段階で、
国の「専門家会議」の委員らが持ち出した「過剰診断」は
現在、異常多発を打ち消す唯一の「根拠」です。これが
細胞診を控える圧力になっているのではないか?

 いずれにしても福島県立医大が「細胞診」実施の判断基準を
厳しくしたのだと思います。これが何をもたらすか?
 ~ 検査漏れ、発見漏れが心配されます。

【12/13 放射能の健康被害を訴える大阪公聴会】
 福島では甲状腺がんだけが問題なのではありません。もっと
広範な健康の異変が起きています。大阪公聴会では、福島の
ゲストから福島の健康被害の実態を、医師から甲状腺がん
以外の健康被害の増加について報告してもらいます。

 また原発・放射能事故からの避難者の方に、事故後の
放射能汚染と健康の不安を証言してもらいます。

★ 「大阪公聴会」 12月13日(日)
 13:30~16:30 エルおおさか・大会議室
(大阪地下鉄/京阪「天満橋」下車)

・詳しいことやチラシはこちらをご覧ください。
→ http://hinankenri.blog.fc2.com/blog-entry-154.html 


12/5もんじゅ廃炉 高浜再稼働阻止全国集会 [イベント紹介]

12/5 【15もんじゅを廃炉へ!全国集会 ジョイント 高浜原発3号機4号機の
再稼働阻止!全国集会】(福井県)の案内を頂きました。
 このブログでも紹介させてもらいます。
高槻は高浜から直線で80㎞の範囲です。以下、紹介。

 もんじゅがナトリウム漏れ事故を起こしてから、今年で20年を経ることに
なった。その間も数々の問題が発覚したため、2013年5月に原子力規制委員会より
「運転再開準備の禁止命令」が出された。それからでも2年間が過ぎても原子力
機構の体質は、依然として変わらないために「改善の途上という説明は繰り返し
うけた。ラストチャンスは過ぎた。」と規制委員から言われている。田中委員長
は、原子炉の設置許可取消処分を「排除しない」とまで言っている。プルトニウ
ム余剰の今、もんじゅをこのまま残し続ける理由は、全く見当たらないのだ。だ
からこそもんじゅの廃炉を目指して最大の力を出して頑張ろう。

今年のもんじゅ集会は高浜原発の再稼働に反対する集会とのジョイント集会にな
ります。なお、高浜原発集会は、午後2時30分に文化会館の前にある西公園にて
屋外集会を午後3時30分まで行い、市内デモに移り、午後4時30分にはすべての日
程が終わる予定です。

<日時>
2015年12月5日(土) 12時~16時30分
<場所>
  もんじゅ集会(12時~14時)
  :福井市文化会館大ホール(福井市春山2-7-1)
  高浜集会(14時30分~15時30分)
  :福井市西公園〔他の団体の共催〕(福井市花月1-6-15)
 市内デモ(15時30分~16時30分):西公園~福井駅前まで *福井駅前から会
場までは1.6km、徒歩30分ほど。駅前からのバスは、4番乗り場上呉服町下車。
11時35分発(乗車時間約4分間)

<もんじゅ集会>
核燃料サイクルの是非を問う! 鈴木達治郎氏と伴英幸氏の対談
 鈴木達治郎:長崎大学核兵器廃絶研究センター長。前原子力委員・委員長代理。
 伴英幸:原子力資料情報室・共同代表。

<全国集会に賛同してください>
郵便振替口座 00760-6-50628 原発反対福井県民会議 もんじゅを廃炉へ!全
国集会賛同費(個人賛同費 一口1000円以上、団体賛同費 一口5000円以上)

<呼び掛け団体>
原子力発電に反対する福井県民会議/原水爆禁止日本国民会議/原子力資料情報
室/ストップ・ザ・もんじゅ/反原発運動全国連絡会

<連絡先>
原子力発電に反対する福井県民会議 〒910-0859 福井市日之出3-9-3 
TEL0776-25-7784 FAX0776-27-5773/福井県平和センター 
TEL0776-21-5321 FAX0776-27-5773

10/25(日)いのち避難生活をまもる第4回京都公聴会 [イベント紹介]

政府・福島県は帰還政策の撤回を!
私たちをこれ以上被ばくさせないで!!
いのち避難生活をまもる第4回京都公聴会の
案内を紹介します。

●日 時 10月25日(日)13:00開会
●場 所 キャンパスプラザ京都・第3講義室(170名)
●参加費 避難者 無料・一般 1,000円
●内 容 講師 井戸 謙一さん(弁護士)
     講演「政府の帰還政策批判と子ども脱被ばく裁判の意義」(仮題)
講師 高松 勇さん(小児科医・医療問題研究会)
 講演「福島で進行する低線量・内部被ばく、甲状腺がんの異常多発
        とこれからの広範な障害の増加を考える」(仮題)

 避難者の訴え・福島調査活動の映像報告・国と自治体への要請行動
     について

*詳細についてはブログに掲載しますので参照して下さい。
 http://utukushima.exblog.jp/


 東京電力福島第一原発事故から4年半が過ぎましたが
事故は未だに収束せず、放射性物質は放出され続けています。

 政府は、「帰還困難区域(年間50ミリシーベルト以上の区域)」
以外の避難指示区域について、2017年3月までに避難指示を
解除し、2018年には損害賠償を打ち切ることを明らかにしています。
また、福島県は県外避難者に対する避難用住宅の提供を
2017年3月で打ち切り、「新たな支援策」に移行することを決
めました。

 しかし、福島県が示した「新たな支援策」は、県外避難者が
避難生活を継続するためにはきわめて不十分な内容と
いわざるを得ません。「民間賃貸住宅家賃の補助」に
ついては、期間を2年程度とし、1年目は家賃の1/2を補助、2年
目は家賃の1/3を補助する程度であると地元紙で報道
されています。これでは、現在の「見なし仮設住宅」(無償)
から移転することは困難です。

私たちは、原発事故避難者に帰還(=さらなる放射線被曝)を
強要する国や福島県の非人道的なやり方を認めることは
できません。

 私たちは、国と福島県に対して、避難者に対する帰還強要
政策の撤回と避難生活の基本である避難用住宅をただちに
長期間延長することを求め、「いのちと避難生活をまもる
第4回京都公聴会」を開催します。復興庁などの政府関係
機関、京都府・市の関係部署、国会議員、地方議員の
みなさんにも参加を呼びかけています。

 みなさん、ぜひご参加ください。

(共催)うつくしま☆ふくしまin京都
    原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会
放射能健康診断100万人署名運動推進京都実行委員

(連絡先)京都市伏見区両替町9丁目254 北川コンサイスビル203号
電話090-8232-1664(奥森)

























「やっぱり心配、放射能。被ばくしない権利を求める7.11 枚方公聴会 [イベント紹介]

7/11(土)に次のようなイベントが開催されます。

「やっぱり心配、放射能。被ばくしない権利を求める
7.11 枚方公聴会&福島訪問団報告会」

日時:7月11日(土)14時00分~16時半
場所:ひらかたサンプラザ 生涯学習市民センター
 (京阪枚方市駅下車3分)
資料代: 500円
証言者 
 ・Oさん(茨城県から関西に避難、原発損賠関西訴訟団原告)
 ・小野さん(枚方で農家を営む、安全な食べ物を供給したいと、
  作物や土壌の放射能検査を行っている)
 ・福島激励訪問団(南相馬、飯館村、福島市などで
  現地の方と交流した映像報告)

呼びかけ

 政府は2017年3月で居住制限区域と避難指示解除
準備区域の避難指示を解除する方針を決定しました。
現在も福島原発事故は収束のめどさえたっていない
のに、年間20ミリシーベルトという高線量地域への
住民の帰還政策がすすめられています。
自主避難者への住宅支援をうちきり、帰還せざるを
得ない状況をつくろうとしています。
 南相馬市の132家族534名が20ミリシーベルトへの
帰還は違法と裁判に訴えました。子ども被ばく裁判など
被ばく強要を許さない闘いが次々におこされ
ています。
 わたしたちは、7月3日~5日、南相馬市や福島市で
裁判に立ち上がる原告との交流、放射能汚染の
実態調査、放射能健康診断実現の署名活動などを
取り組みました。  
 7月11日、被ばくを許さない社会、放射能健診実現を
めざして、激励団の現地報告、避難者のお話、
枚方市の農家の方のお話を聴く公聴会を開催しまず。
ぜひご参加ください。


4/11(土)子ども脱被曝裁判記念講演会 [イベント紹介]

地元高槻で行われる講演会のお知らせです。

dojo04010.jpg

4/11(土)子ども脱被曝裁判記念講演
 13:30~16:30 
 高槻市立総合市民交流センター(JR高槻駅南口東隣)
 (旧クロスパル高槻 視聴覚教室

 「原発事故は子どもの暮らしをどう変えたか
   ----裁判することの意味」と題して

 弁護団長の井戸謙一弁護士の講演が
あります。測定所もこのイベント参加を
呼びかけます。

 井戸弁護士は、近く予想される福井の原発再稼働
差し止め仮処分が予想される裁判の弁護も担当している
方です。嘗て裁判官時代に原発がらみの裁判で
初めて原告勝訴判決を出された方でも有名。

 子ども脱被曝裁判とは?(チラシより)
 子ども達は毎日目に見えない低線量被曝を受け
続けながら暮らしています。今年2月福島県は事故
当時18歳未満だった子どもの甲状腺ガンが112名
に達したと発表しましたが、事故との因果関係は
ないと言い続けています。
 県内外から201名が原告となり、生存権をかけて
「国の責任を問う」と立ち上がりました。
福井原発銀座から80キロ圏内に住む私たちに
とって、明日は我が身、決して他人事で済まされる
ことではありません。

 主催:子ども被ばく裁判弁護団・共同代表
 片岡輝美(会津市)・水戸貴世子(高槻)
 080-3841-5388

4/7(火)見学&無料測定会 [イベント紹介]

 高槻・市民放射能測定所は開所1年10ヶ月に
なります。「市民の市民による市民のための
放射能測定」をモットーにほぼ毎日1件ずつ
10時間測定を行っています。

page001.jpg

 そこでこれまで以上により多くの皆さんに
測定所のことを知って頂き、より身近なものに
して頂けるように次のような見学会&無料
測定会を企画しました。
電話かメールで事前にお申し込み下さい。

電話:072-669-1897  電子メール:hsnk@tcn.zaq.ne.jp

10:00~11:00 無料測定
※測定は3検体を予定。事前に電話か
メールで申し込みの上、検体(食品又は
土壌を400g)をお持ちください。
10時間測定ですので検体は最終的に
お預かりすることになります。

11:00~12:00  測定所見学

※測定所案内
※測定デモンストレーション
これまでの測定結果や使用機器を使って
測定の仕組みを解説します。
また、試料を使って測定体験も行います。
 
本澄寺には専用無料駐車場もございますので
車での来所も可能です。

皆様のご参加をお待ちしております。
前の10件 | - イベント紹介 ブログトップ