So-net無料ブログ作成
検索選択
高槻産廃焼却炉問題 ブログトップ

高槻市廃棄物処理施設の設置に係る手続の特例に関する条例 [高槻産廃焼却炉問題]

 6/22(木)10時22分に高槻市議会で
「産廃対策協議会」が求めてきた「産廃施設に
関する条例」が全会一致で可決されました。
 地元の対策協議会の皆さんの粘り強い
自治会ぐるみの運動の大きな成果だと
喜びたいと思います。

 高槻市廃棄物処理施設の設置に係る手続の特例に関する条例.jpg

新条例は、「高槻市廃棄物処理施設の設置に
係る手続の特例に関する条例」

 主な内容は設置しようとする業者は
半径500m以内の地元自治会の代表者
の同意(5分の4)を得なければならないという制限を設けた
ことです。

 4/16(日)測定所開設4周年イベントで焼却炉
問題で講演者から
「地元同意を定めた条例がある」と紹介して
もらいました。その1つが三重県条例でした。
今回の高槻市の新条例はそれと「ほぼ同内容」です。
今振り返っても講演会をやって良かった!と
思いました。

 「三重県産業廃棄物処理指導要綱」(平成25年4月1日改正)に
あって、高槻市条例にはない項目もあります。
「隣接地(計画地の敷地境界からおおむね20m以内)の
土地所有者及び現に土地使用権原を有する者の同意」
「首長が事例により同意書の取得範囲を変更することが
できる」です。

 しかし、対策協議会が5/1に条例制定を請願してから
わずか2ヶ月以内に条例が制定されるのは、「異例中の
異例」です。それだけ、住民運動の熱意と力だと
思います。


産廃焼却炉計画断念! [高槻産廃焼却炉問題]

 上牧・五領地区に建設計画のある産業廃棄物
焼却炉ですが、反対運動を進めている「対策協議会」
会長から6/1(木)ニュースとして、業者が「諸般の事情から
計画を断念した」という市長宛に文書を提出してことを
確認したとの報告がありました。
 昨年末から始まった地を這うような反対運動の
成果であります。当測定所も運動開始当初からこの運動に
参画してきましたが、とりあえず喜び合いたい
と思います。

 (詳細は、会長声明をお読み下さい。)

 しかし、次の協議会会長声明にあるように、運動は続きます。

「これから先、今回のような無謀な建設計画が
行われないよう5月1日、橋本議長に条例制定の
陳情書を提出しました。我々住民サイドに立った条例が
制定されるよう」6月市議会に向けて取り組みは続きます。

本澄寺本堂屋根裏から上牧・五領を望む [高槻産廃焼却炉問題]

 高槻・市民放射能測定所は上牧本澄寺内にある。
寺は屋根裏を数年前に改修した時に、屋根裏に
昇ることができるようになった。

20170512_130310.jpg

 建立された天保年間の木材が今も現役だ。

 屋根裏から、周囲を一望できる。

 今、地元が自治会ぐるみで建設反対運動をしている
「産業廃棄物焼却炉」予定地は、ここから直線で
300メートルほどの距離にある。近い!

20170512_130607_Burst01.jpg
 写真では黄土色の空き地が予定地だ。

 周囲を見ると、古い町並みが見える。田畑も。
自然豊かな環境の住宅街である。保育園や学校も
10カ所もある。

20170512_130544.jpg

20170512_130548.jpg

 建設予定地は「準工業地域」。なのに「工業地帯」に
あるような焼却炉は都市計画上からしても果たして
適切だろうか?どう考えても不適切だろう。

 豊かな環境を形成している「内が池」周辺で、地元自治会の
主催で5/20(土)に「水と空気と土のフェスタ」が
ある。

産廃焼却炉計画事業者代理人弁護士と当測定所との文書やりとりを公開します [高槻産廃焼却炉問題]

 高槻・上牧地区に産業廃棄物焼却炉建設計画を
進めている事業者代理人弁護士(さくら共同法律事務所)と
当測定所とのやりとりについて、市民の皆さまに正確な判断を
お願いしたく双方の文書を時系列で公開します。

<2017年4/14付け事業者代理人の内容証明郵便>
警告書兼要求書(H29.4.14)_1.jpg
警告書兼要求書(H29.4.14)_2.jpg
警告書兼要求書(H29.4.14)_3.jpg

<2017年4/15付け事業者代理人の内容証明郵便>
警告書兼要求書2(H29.4.15)_1.jpg
警告書兼要求書2(H29.4.15)_2.jpg

<2017年4/17付け事業者代理人の内容証明郵便>
H29.4.17 警告書兼要求書3_1.jpg
H29.4.17 警告書兼要求書3_2.jpg
H29.4.17 警告書兼要求書3_3.jpg

<4/25付け高槻・市民放射能測定所からの配達証明郵便>
回答書(4.25測定所から)_1.jpg
回答書(4.25測定所から)_2.jpg

<4/27付け事業者代理人の内容証明郵便>
警告書兼要求書4(H29.4.27).jpg
警告書兼要求書4-2(H29.4.27).jpg

<5/9付け高槻・市民放射能測定所からの配達証明郵便>
page001.jpg

4/16(日)集い紹介ブログ記事の一部とチラシを削除した件 [高槻産廃焼却炉問題]

 高槻上牧地区に計画されている産廃焼却炉建設事業者の
代理人弁護士(さくら共同法律事務所)より、
4/16(日)の測定所4周年の集い案内の「ブログの記載及び
ブログに掲載されている4/16集い案内チラシ」の一部に
誤りがあり、また、誤解を与えるとのご指摘がありました。

 私たちは、その表記自体は誤っているものとは思わないものも、 当方もこれ以上事業者との無用な対立を望まないという見地から、
「ブログの記載及びブログに掲載されている4/16集い案内チラシ」を
すでに削除しました。
 しかし、事業者の代理人弁護士から当方へ更なる要求
(謝罪文の交付、これがなければ刑事告訴や損害賠償請求を
行うとの内容)がなされていますので、この間のやりとりを
した文書をこのブログ上で今後公開して参ります。

 市民の皆さんに、当測定所と事業者代理人とのやりとりについて、
正確な判断をお願いしたいと思います。

5/7(日)産廃焼却炉の化学物質」〜子供たちの未来のために〜セミナー [高槻産廃焼却炉問題]

五領地区保護者有志の会主催する
「産廃焼却炉の化学物質」〜子供たちの未来のために〜セミナー
が開かれますので、紹介します。

 若いお母さん達の創意工夫たっぷりの
活動には本当に頭が下がります。
 講演の中地教授は能勢の焼却炉ダイオキシン
汚染問題でその処理の中心を担った方。
 焼却炉問題のスペシャリストです。

5.7産廃焼却炉の化学物質講演会 表.jpg

5.7産廃焼却炉の化学物質講演会 裏.jpg


みんなで学ぼう環境セミナー 「産廃焼却炉の化学物質」〜子どもたちの未来のために〜
 
日時:2017年5月7日(日)14:00~16:00(13:30開場)
 
場所:高槻現代劇場 3階 レセプションルーム
           (高槻市野見町2-33)
定員:先着400名 参加費無料
 
講師:中地重晴(なかち しげはる)氏
熊本学園大学 社会福祉学部 福祉環境学部 教授
環境省「化学物質と環境に関する対策対話」委員

 藤原寿和(ふじわら としかず)氏
止めよう!ダイオキシン汚染・東日本ネットワーク事務局長
ダイオキシン・環境ホルモン対策 国民会議 常任幹事

主催:五領地区保護者有志の会
高槻産廃焼却炉問題 ブログトップ