So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

1/26(水)無料測定会 [日頃の活動]

2019年1月の無料測定会は1/26(土)の10時~12時です。
検体を320gご用意下さい。
 ご希望の方は事前に連絡下さい。
hsnk@tcn.zaq.ne.jp
072-669-1897(本澄寺)
nice!(0)  コメント(0) 

第35回避難者交流会 [イベント紹介]

181120第35回避難者交流会チラシ (PDF).jpg

放射能から豊中の市民・子どもを守る会から
第35回避難者交流会の案内が来ましたので紹介します。

http://nonuketoyonaka.blog.fc2.com/

・日時:2019年1月26日(土) 14:00~16:30
・場所:とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ・セミナー室BC
・参加費:300円

福島第一原発事故から8回目の新年を迎えました。
今回は、2012年3月、福島郡山市から台湾に母子避難された
Uさんにお話をしていただきます。
6年にわたる貴重な避難移住体験を語っていただきます。
苦しい中でもめげない、元気をいただけるお話しが期待
できそうです。


nice!(0)  コメント(0) 

2018年12月測定結果について [測定結果]

 2018年12月の測定結果をお知らせします。
一覧表をご覧下さい。

2018年12月測定一覧表2_1.jpg

主な検出例を紹介します。

<12/1福島の山芋>
20181201福島山芋.jpg
Cs137も134もピークがあります。

<12/2福島小麦粉>
20181201福島小麦粉.jpg
 Cs137(331ch)のピークありますが、
Cs134(398ch)のピークは見えません。K40かさ上げ補正を
行い、1.4Bq/kgとなりました。

<12/2千葉レンコン>
20181202千葉れんこん.jpg

 Cs137も134もピークあります。K40かさ上げ補正を行い
2.3Bq/kgとなりました。根菜類にはまだまだセシウムが
残存していることがわかります。

<12/9福岡の干し椎茸>
20181209福岡干し椎茸.jpg

 Cs137のピークがあります。Cs134のピークが
見えないので、原発事故の影響かどうかは不明です。
椎茸はその産地より原木の産地をチェックする必要があると
思います。

<12/14茨城の干し芋>
20181214茨城干し芋.jpg

 これも、両方のセシウムが検出されました。
ただ、製造年度がわかりません。重量補正して4.9Bq/kgとなりました。

12/15千葉原木生椎茸、12/16 福島 柿 12/16福島平茸(生)、12/17日福島ナメコについては こちらをご覧下さい。

<12/19千葉ピーナツ(殻付き)>
 殻付きのまま粉砕し、測定しました。
20181219千葉ピーナツ殻付き.jpg

 両方のセシウムのピークが見えます。
K40かさ上げ補正と重量補正を行い、
2.8Bq/kgとなりました。

 そこで、このピーナツの殻を取り除き、実本体のみを
測定したところ、検出限界未満(12/21殻なしピーナツ)と
なりました。主に殻にセシウムが付着していたことが
わかります。

<12/19、20東京板橋区の自宅窓>
 板橋区住宅の玄関窓、1階の窓、2階の窓の3カ所を
それぞれ一定の面積をティッシュで拭き取り測定しました。
1階玄関窓のスペクトル表を見て下さい。

20181219板橋1階玄関窓.jpg

 Cs137のピーク(331ch)がピンと立っています。
これを拭き取り面積あたりに換算して、2.1Bq/㎡と
なりました。同様な換算をして、1階窓は検出限界未満、
2階窓は3.0Bq/㎡となりました。

 これまでも東京の空気は福島原発事故の際に放出された
放射性物資による汚染があると指摘してきましたが、
この例からも改めて証明されました。

 マスクの着用で呼吸による内部被曝は少しは防ぐことが
できます。マスクの着用を特にお勧めします。

 当測定所は12/27~2019年1/6までお休みです。
新年は1/7(月)より通常にもどります。

 皆様の健康とご多幸をお祈りして、12月結果報告といたします。











nice!(0)  コメント(0) 

千葉の原木椎茸と福島のなめこ・平茸 [測定結果]

 「放射能検査済み」の札がある千葉の「原木椎茸」が持ち込まれました。
生の椎茸で、これを刻んだ上で念のため20時間測定を行いました。

20181220_114459.jpg

 チャートをご覧下さい。
20181215千葉の生椎茸.jpg

 Cs137のピーク(331ch)がピンと立っています。
Cs134のピークもクリアです。(超簡単に言うと写真青色部分が
Cs137、赤色部分がCs134を示している)
これくらいの数値になると両セシウムのバランスも正確。
K40かさ上げ補正をして5.7Bq/kg(下限値0.6Bq/kg)の結果

 「放射能検査済み」の札があるのだから、たぶん不検出と
示したいのでしょうが、残念ながら不検出では
ありません。検査機器の能力や検査時間によって
下限値は上下します。普通のシンチレーションの下限値は
せいぜい25Bq/kgという意見もあります。、

 次の紹介するのは「福島のなめこと平茸」
20181220_114658.jpg

20181217福島なめこ.jpg

 生の「なめこ」(菌床栽培)を刻んで10時間測定。これも
Cs137のピール(331ch)がきれいに立っています。Cs134のピークも見えます。
まだ福島事故のセシウムをキノコが取り込んでいることは明確です。

次に平茸です。

20181220_114611.jpg

20181216福島生平茸.jpg

 これも生の平茸(菌床)を刻んで10時間測定しました。
K40かさ上げ補正をして9.1Bq/kgとなりました。
下限値(当測定器は誤差の3倍が下限値になる)は0.9Bq/kg。

 どれも、環境省の基準は100Bq/kgなので、大手を振って
店頭に並びます。

 内部被曝は摂取した食材と空気が最大の原因となります。
不安だなと思ったら放射能検査をお勧めします。






nice!(0)  コメント(0) 

小児甲状腺がん少なくとも233人(福島県議会で判明) [ニュース]

 小児甲状腺がん少なくとも233人であることが福島県議会の
答弁で明らかに。これまでは、「県民健康調査」結果として
公表されていた数字は「199人」とういことだから、真の
実態とは大きく異なっていたことがわかる。

 いわき市選出の古市三久議員が受給状況についての質問。
これまでに医療費の交付を受けた233人の疾患の内容を訪ねたところ、
県民健康調査課の鈴木陽一課長は「(233人)全てが甲状腺がんで、
そのうち手術を受けた人が82名」と答弁した。
 ニュース配信元によると、この数字も少し少なめで実際は
272人と推計している。

 どちらにしても、少しでも小児甲状腺がんを少なく
見せようとする県の姿勢が見え隠れする。

 詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

 
nice!(0)  コメント(0) 

2018年11月の測定結果について [測定結果]

 2018年11月度の測定結果をお知らせします。
まず、一覧表をご覧下さい。

page001.jpg

<11/5新潟白米(2018年産)>
 Cs137のみですが、0.9Bq/kg(下限値 0.6Bq/kg)でました。
これは、福島由来ではなく、原爆実験やチェルノブイリ事故の
影響と思われます。

<11/13白米(水洗い)>
 そこで、11/5新潟白米を水洗いして念のため20時間測定しました。
Cs137は0.4Bq/kgに減少していました。下限値が0.6Bq/kgなので
「検出限界未満」となります。

 以前も同じ福島産の玄米・白米・水洗いしたものを
順次測定したところ、順次セシウム量が減少していくことと同じ
結果です。

 因みに<11/6兵庫玄米(2018年産)>も検出限界未満(下限値0.6Bq/kg)
でしたので、それを精米<11/16兵庫白米>して測定したところ、これも
不検出となりました。

検出例を紹介します。

<11/17福島キノコ>山に自生したもの。これは11/26の記事をご覧下さい。
依頼者の話では、採取場所の空間線量は0.3~0.5μ㏜だったとのことです。

<11/17福島ヤーコン>
20181117福島ヤーコン.jpg

Cs137のピーク(331ch 写真では赤い棒のところ)がピンと
立っています。Cs134のピークはありません。
K40 補正して1.5Bq/kg(下限値0.6Bq/kg)です。

<11/18福島白米(2018年産)>
20181118福島白米.jpg

 これも、Cs137のピークがクリアです。K40補正して
 0.7Bq/kg(下限値0.6Bq/kg)となりましたが、ここのお米は
試験栽培の時から測定していますが、年々減少はしています。

<11/30福島自宅庭の栗>
20181130福島栗.jpg

 ご自宅の庭になった栗を皮むき、渋皮付きで刻んで測定しました。
Cs137、134の両ピークが明確です。福島事故由来です。
K40補正して5.1Bq/kg(下限値0.9Bq/kg)となりました。これだけの
Csが出たということは、皮を剥いているので根を通じて吸収してると
しか考えられません。

 こうした検出例を多いか少ないかのとらえ方は様々でしょう。
しかし、不安に思ったものを実際に測定することが大切だと思います。

 当測定所では、会員は1品500円(非会員は1000円)で1Bq/kgまで
測定します。場合によれば20時間測定します。

 12月の無料測定会は12/19(水)10時~12時です。
なお、年末年始休みは12/28(金)~1/6(日)です。
2019年1/7(月)より通常体制(毎日10時~12時)に戻ります

 


nice!(0)  コメント(0) 

12/9(日)六ケ所村の現状と放射線被曝による健康被害について講演会 [イベント紹介]

京都・市民放射能測定所の「第6回測定所まつり」を紹介します。
「六ケ所村の現状と放射線被曝による健康被害
  核燃料再処理工場が本格稼働したらどうなるの?」と題した
講演があります。 以下、京都測定所の記事より引用。

181209matsuri.jpg

 東京電力福島原発事故のために溜まった「汚染水」、
処分に困って海に放出しようという動きがあります。
その焦点の1つが「トリチウム」です。
 放射性物質トリチウムは水と変わらない性質をもつため、
内部被曝の危険が非常に高いものです。
 原発の通常運転でも放出され、地元住民に白血病死の
増加など健康被害をもたらしています。
 そして青森県六ケ所村に建設された「核燃料再処理工場」は
原発より桁違いにトリチウムを出す、恐ろしい施設です。
 講師の遠藤さんは医師の立場から被曝の危険をわかりやすく
語っておられます。再処理工場に反対し、六ケ所村の
村長選挙でも訴えてこられました。
 ぜひ遠藤さんのお話を聞いてください。

 12月9日(日)13時30分~16時30分
 ウイングス京都(阪急烏丸駅または地下鉄御池駅下車)
 参加費:会員・避難者800円 一般1000円

 講師:遠藤順子さん(内科医 青森市)
nice!(0)  コメント(0) 

福島県の自生のキノコ(2018年11月) [測定結果]

 福島の自生のキノコ測定の依頼がありました。依頼者によると
品種は不明、山の中で自生しているキノコを採取し、洗浄した
上で刻んで上で規定の320gをzip袋に入れて持ち込まれました。

20181122_111524.jpg

 10時間測定を行いました。スペクトル表をご覧下さい。

20181117福島キノコ.jpg

 セシウム137のピークも134のピークも気持ち悪いくらいに
クリアです。allCsはk40補正して11.3Bq/kgとなります。
洗浄していなければもっと大きい数字が出たかも?です。
少なくとも土壌からセシウムを吸収していることは
間違いありません。
 原発事故後8年になろうとしていますが、まだまだ
汚染は残っていることに注意したいと思います。
 





nice!(0)  コメント(0) 

2018年10月測定結果について [測定結果]

 大変遅くなりましたが、10月度の測定結果をお知らせします。
一覧表をご覧下さい。

page001.jpg

 今回も測定品目に余裕がありましたので、20時間測定を多く
行いました。茨城や群馬、福島の食材から2Bq/kg未満のセシウムを
検出しました。代表例を紹介します。

<10/4茨城 サツマイモ(スライス後乾燥)>
20181007茨城さつまいも.jpg

 Cs137も134もピークがあります。スライス乾燥した関係で
重量換算して1.5Bq/kgとなりました。

<10/11茨城の栗>
 皮を剥いて渋皮付きで粉砕し、20時間測定を行いました。
20181011茨城栗.jpg
 これも、残念ですが、両方のセシウムが出ています。
K40の補正を行い、1.3Bq/kg (下限値0.6Bq/kg)となりました。

<青森の3種類のリンゴ>
 セシウムのピーク見えず、3種類とも「不検出」となりました。

<10/5 埼玉のフルーツグラノーラ>
 これは外国産のフルーツを乾燥させるもの。製造の過程で送る空気か
 輸入食材そのもにセシウムが存在していたのかは断定できません。
 念のために40時間測定を行いました。

<10/24福島 川の水>
 最近避難指示が解除された地域に流れる川の水を採取して持ち込まれました。
検出限界未満(下限値0.6Bq/kg)川底の泥にはセシウムがあるとは思いますが。

<10/25福島の万願寺唐辛子>
20181025福島万願寺唐辛子.jpg
 水洗い後にヘタをとり除き、刻んだものを20時間測定しました。
 K40補正を行い、1.1Bq/kg(0.6Bq/kg)

<10/6日福島 のジャガイモ>
 水洗い後に皮付きで刻み、20時間測定しました。
20181026福島ジャガイモ.jpg
 こちらもセシウムを検出しました。331chがCs137のピークです。
K40補正を行い、1.4Bq/kg(下限値0.6Bq/kg)となりました。

 震災直後の頃に比べるとセシウムの量は減っているものの、
まだまだ、存在していることに注意したいと思います。

 当測定所では会員さんは1品500円(非会員は1000円)で測定します。
どうぞお持ちこみ下さい。

 今後の無料測定会は11/21(水)と12/19(水)。共に10時~12時 なお、年末年始は12/27(木)~2019年1/6(日)までお休みします。



 

nice!(0)  コメント(0) 

12/7(日)朗読劇 線量計が鳴る [イベント紹介]

senryoukei1.jpg

senryoukei2.jpg
 脚本・出演 中村敦夫 朗読劇 線量計が鳴る」大阪公演が
来る12/7(金)大阪市旭区民センターで行われる。

 中村敦夫さん(戦時中に福島に疎開)の代名詞とも言われる「木枯らし紋次郎」の名台詞
「あっしには関わりねーってござんす」とは違い、中村敦夫さんが
舞台から「原発「を問う活動をしているのは知ってた
(既に33回以上各地で公演)が、これまで拝見する
チャンスに恵まれなかった。大阪公演に行こうと思います。

 12/6(木)奈良(ならまちセンター市民ホール)
   前売り1500円 

 12/7(金)大阪市旭区民センター 小ホール
  (地下鉄谷町線「千林大宮」4号出口)
  料金は前売り1500円、当日2000円 小学生以下は無料
  18:30 開場 19:00開演

 問い合わせ先などは、チラシをご覧下さい。 


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -