So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ご質問への回答 [本測定所の考え]

 高槻・市民放射能測定所のブログに訪問して
いただき有り難うございます。
スペクトルを全部公開するようにと言うご意見と、
Cs134とCS137のバランスがおかしいではないかと
いうご質問にこたえさせていただきます。

 まず、スペクトルの公開ですが、当測定所が開設
されて二年半のあいだにたくさんの試料を計測
してきました。たくさんのスペクトルをファイリング
して保管しています。測定に不慣れな時代のものから、
ある程度熟練してきた現在のものまで閲覧できるように
整理してあります。測定所で独自測定したものに
ついては全部公開していますので来所されて
ご覧ください。
 個人依頼の品物については本人が了解された
スペクトルについてのみ公開させていただきます。
不検出、検出だが定量限界未満などのスペクトルを
ブログ上に貼り付けることは無意味ですし、
過大な情報の中に大事な情報を埋もれさせてしまう
ことになります。
 通常、月曜日から土曜日までボランティアスタッフ
が無給で詰めています。スペクトルチャートや
プログラム上でご説明させていただきますので
事前に連絡をいただいた上でご来所ください。

 次に、Cs134とCs137のバランスの問題です。
まず、次の3つのスペクトルチャートを見てください。
図1 畑表土320g計測スペクトル
hyodo.jpg

図2 畑地下50cm土壌 320g計測スペクトル
tika-tuti.jpg

図3 畑表土土壌と地下50cmの二つのスペクトルを重ねたもの
chart.jpg

 図2の地下土壌スペクトルにいくつものγ線ピークが
見られます。これは、花崗岩の土壌などに含有される
ウラン系列やトリウム系列の天然核種の放出するスペクトルです。

 図1の表土土壌には土地の持つ天然核種のピークの他に、
330channel付近にピークを持つCs137の山、302Channel,
398channelにピークを持つCs134の山がみられます。
右側の緑の山はK40のピークになります。Cs137の山と
天然核種の山が重なっている部分があるのでこのまま
計算すると過剰計測となる場合があります。

 図3は表土と地下土のスペクトルを重ね合わせたもの
です。地下土壌のスペクトルから上に出ている部分が
人工核種の汚染を示します。差分のスペクトルを
描かせて放射性セシウムの濃度を求めています。
この表土試料の場合は、チェルノブイリや核実験の
残存のCs137に福島事故のCs137とCs134が重なって
いることがわかりました。このスペクトルを測定された
方はゲルマ機でのクロスチェックを行って私どもの
iFKR-ZIPと同じ結果を得ています。

 可能な限り天然核種の影響やK40のコンプトン散乱の
影響を減らすように努力していますが、セシウム合計で
1Bq/kgから2Bq/kgの汚染レベルでは作物に含まれて
妨害となる天然核種の影響を完全に消去できる
バックグランドスペクトルが作れていません。
(作物の種類によって土壌成分含有量が異なるため
普遍的なBG試料ができない)そのため、このレベルの
計測では信頼性のある値が得られるのはCs合計値に
なるようにアルゴリズムが作られていると言うことです。
お茶のようにミネラルをたくさん含む作物はともかく
として、セシウム合計で3Bg/kgレベルの汚染であれば
ほぼバランスを保った計測が行えます。

 当測定所のiFKR-ZIPは試料の必要量は320gです。
高価な肉やチーズなどの計測に利用される方もおられます。

 最後に、無汚染であった滋賀県の水口茶をBGに
用いて計測した静岡茶の計測スペクトルを紹介しておきます。

greentea.jpg
図4 粗供養でいただいた静岡茶(BGは滋賀県水口地元茶葉と明記されたお茶)

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

そちみ

土壌中に天然がおおくてCs-134が多い、故にCs-134が過剰評価されることは理解していますが、食品での測定での極端な乖離は説明できません。
現時点での存在比、ちゃんと理解していますか?

by そちみ (2016-02-27 12:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0