So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

12/25東京新聞から 電力ピーク使用15%減 節電で原発26基出力相当 [ニュース]

 12/25の東京新聞の報道によれば、

 電力ピーク使用15%減 節電で原発26基出力相当 今夏、2010年比

 記事紹介

 全国10地域の電力会社で今夏、年間で最も電力使用の多い
ピーク時の使用量が、東京電力福島第一原発事故前の2010年
夏に比べて約15%減ったことが分かった。
減少幅は原発26基分に相当する。家庭や企業に発光ダイオード
(LED)照明など省エネ技術が広く普及したことが大きい。
東京電力や中部電力の管内では「原発ゼロ」で今夏を乗り切った。 
 経済産業省の認可法人「電力広域的運営推進機関」が10月に
まとめた報告書によると、全国の今夏の電力需要のピークは
8月24日午後2~3時の間で、使用量は1億5554万KWと、
原発事故後で最も少なかった。全国の電力会社の供給余力を示す
「予備率」も13.9%と最低必要とされる3%をはるかに上回った。
 電力会社別で減少幅を原発の基数で換算すると、10社のうち
最も需要が大きい東電管内では原発8基分、中部電力が2基分、
関西電力が5基分減った。(12月25日東京新聞朝刊1面より抜粋)

 記事全文は以下の通り。
原発なくても、電力供給には全く問題ない!
いつでも原発ゼロにできる!
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017122502000133.html


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。