So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
イベント紹介 ブログトップ
前の10件 | -

5/24(日)ベトナムはなぜ原発をやめたのか ~止めたのは誰?どうやったの?~ [イベント紹介]

 5/24(日)に京都でこんなイベントがあります。当測定所でも
以前に講演をして頂いた守田敏也氏からの紹介です。

 大飯原発が再稼働されましたが原発産業は原発輸出の道が
どんどん狭まる中で坂を転げ落ちるように没落の道を進んでいます。
原発政策は終わらせることができる!僕はそう確信しています。
問題はそれまでに大きな事故を起こさせないでいられるかどうかなのですが・・・。
ともあれ原発ゼロへの道をさらに広げていくために5月24日に
原発輸出を止めたお話を聞く企画を行います。ベトナムへの輸出計画です。ぜひご参加下さい。

 ベトナム国会でロシアと日本が相次いで計画していた原発建設中止が
決議されたのは2016年11月。日本政府や原発メーカーは大打撃を受けました。
ベトナムへの原発輸出はオールジャパン体制で進めらてきた輸出政策だったからです。
しかも安倍政権下では安倍首相自身が原発売り込み交渉で走り回ってきました。
「トップセールス」などと言われてきました。
それがいま次々と破たんしつつあるのです。先日、トルコへの輸出計画からも
伊藤忠が撤退を表明しました。

 ベトナムへの計画もオールジャパンで行われているので、これを止める
のはかなり困難だとも思われましたが、ある方たちが大奮闘され、
ベトナム政府が撤退へと大転換することになりました。
 ある方たちとは日本のベトナム研究者の中で原発建設を憂いていた方たちのこと。
この方たちが原発の危険性を示すさまざまな日本の論文をどんどん翻訳しては
政府高官に渡し続けたそうです・・・。
ついにはベトナムの首相までもがそれに目を通すようになり・・・
ベトナム政府は「こんなものを輸入したら損だ!」と悟るにいたったのです。

「どこまで効果があったか検証できたわけではない」とのことですが、
しかしたくさんの翻訳が影響を与えたのは間違いない。輸出阻止の
大きな成功体験です!
 これをみんなでシェアし、さらに原発輸出政策を止めていくための一助と
したい!そのためにその中のおひとりの吉井美知子さん(沖縄大学教授)
さんをお招きすることにしました。

 ベトナム政府が日本からの原発輸入を白紙撤回した背景は何だったのか、
そこに市民は、そして吉井さんがどのように関わっていたのか…お話いただきます。
後半で守田が対談の形でさらに吉井さんからいろいろなことをうかがいます!

 京都市内での開催ですが、可能な方、ぜひご参加下さい!
なお中継は無理なのですが、録画して後にIWJで流していただくことも検討中です・・・。

*****

ベトナムはなぜ原発をやめたのか
~止めたのは誰?どうやったの?~
https://www.facebook.com/events/1022466614576504/

日時:2018年5月24日(木)18:00 開場/18:30 開演
場所:ハートピア京都 第5 会議室
参加費:800円

18:30 ~ 19:40 講演 吉井美知子さん   
19:40 ~ 20:30 対談 吉井美知子さん&守田敏也さん 質疑応答 全員


主催:市民環境研究所
〒606-8227 京都市左京区田中里ノ前21 石川ビル305
Tel & Fax 075-711-4832  Email pie@zpost.plala.or.jp

主催:世界とつながる公開秘密会議


吉井美知子さんのプロフィール:
沖縄大学人文学部教授。京都市出身。1991年パリ第7大学
ベトナム語学科修士号、商社勤務、JICA専門家等を経て、
2007年東京大学大学院国際協力学博士号。専門はベトナムNGO研究。
3.11を機に、ベトナムへの原発輸出を止める活動を行う。主な著書に
『立ち上がるベトナムの市民とNGO』(明石書店)、
共編著『原発輸出の欺瞞』(明石書店)など。

守田敏也さんのプロフィール:
 同志社大学社会的共通資本研センター客員フェローを経て
フリーライター。兵庫県篠山市原子力災害対策検討委員を兼ねる。
福島原発事故降、各地で放射線防護と原子力災害対策の講演を行い、
ヨーロッパやトルコでも度々講演。著書に『内部被曝』
『原発からの命の守り方』がある。


nice!(0)  コメント(0) 

6/17(日)測定所開設5周年の集い案内 [イベント紹介]

 今年の6月で私たちの測定所は5周年を迎えます。
5周年の集いを以下のような日程と内容で開催します。

page001.jpg

日時:6/17(日)14:00~16:00
場所:上牧・本澄寺本堂(高槻市上牧町2-6-31)
講演 :大和田幸嗣氏(元京都薬科大学教授)
 「放射能に負けないレシピと健康法」
講演者の簡単な紹介(著書より)
「福島第一原発からの放射能放出は、今も閉じ込められていない!
それでもこうすれば放射能から身を守ることができる。
放射能に負けない体を作るための食物やレシピ、デトックスの
方法を提案」 研究の傍ら無農薬・無化学肥料による菊芋や
稲作栽培、殺虫剤を使わない防虫駆除法にも挑戦中

<プログラム>
14:00 活動・会計報告(測定所)
14:20 講演
15:30 質問・交流タイム
16:00 閉会

<資料代> 500円

なお、月1回の無料測定会の日時は次の通りです。
2018年4/21(土)、5/19(土)  
全て13時~15時。場所は測定所のある本澄寺です。
 お一人様につき1検体を無料測定いたします。
検体を320gご用意頂き、お申し込み下さい。
食品の放射能検査の手順と結果の見方を説明します。

 電話 072-669-1897(本澄寺《ほんちょうじ》)
 メール hsnk@tcn.zaq.ne.jp

nice!(0)  コメント(0) 

3/24(土)「いのちはたからもの」川根眞也先生と井上玲さんのお話会 in大阪 [イベント紹介]

 少し紹介が遅くなりましたが、次のイベントを紹介します。

いのちはたからもの」川根眞也先生と井上玲さんのお話会 in大阪
 311から七年が過ぎましたが、「こどもたちを 命を守ってほしい」という私達市民の
願いとは逆方向に進んでいます。

◇東京電力 福島第一原発事故から7年。政府と福島県、各自治体は、原発20km圏内や飯
舘村など高放射能汚染地帯の避難指示解除をして、住民を帰還させています。それは「
年間50ミリシーベルト以下になることが確実」な地域です。東京では年間1ミリなのに
、なぜ福島では50ミリなのでしょうか?福島からの「自主避難者」(年間5ミリ相当)
への住宅支援が打ち切られ、小児甲状腺がんの検査も「過剰診断である」と縮小されて
います。20歳以上の青年の超音波検査は2年に1度から5年に一度に変更されました(201
6年4月~)。◇福島県内の「自主避難者」でもない、東北・関東地方からの避難者は、
どの都県から何人の避難者がいるのかの統計すらなく、住宅支援もありません。東北・
関東地方からの避難者に、いま、健康被害が現れつつあります。

現役の中学理科教師・大病院の薬剤師というそれぞれのお立場から、真剣にこの問題に
向き合ってこられたお二人に 今何が起きているのか、お話いただきます。その後、会
場からの質問にもお答えいただきます。私たちが今何がするべきか、考え話し合うきっ
かけになればと願って企画しました。

井上玲さん (2013年まで東京の癌の連携拠点病院の薬剤師で化学療法と院内製剤の責任
者) には、 今起きている健康被害の状況と身を守る方法について、お話ししていただ
きます。
川根眞也先生(埼玉の公立中学理科教員。内部被ばくを考える市民研究会代表)には、東
京電力 福島第一原発の現状と放射能汚染、被ばくから身を守るにはどうすればいいの
か、七年間の集大成をまとめた冊子を元に話していただきます。

【日時】 2018年3月24(土)16:00~19:00(開場15:45)
川根先生と井上玲さんより、それぞれ一時間お話いただいたあと、参加者からの質疑に
答えていただく予定です。

【ところ】高槻市立クロスパル高槻 第二会議室
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/m/kakuka/shimin/
shiminko/gyomuannai/sogoshi
minsenta.html

大阪府高槻市紺屋町1-2
高槻駅から徒歩約1分

【参加費】
一般 900円
会員・避難者 500円
小中高大・専門学校生 無料

定員 35名 (申込必要)先着順申込。預かりの保育はありませんが、同伴は可です。
お子さん同伴の方は申込時に「子ども同伴」とお書き下さい。保育マットを用意します


申し込み先 inochitakara@gmail.com

【主催】内部被ばくを考える市民研究会・関西
【共催】つながろうフクシマつながろう避難者の会
避難者の会@関西
【協力】内部被ばくを考える市民研究会
http://www.radiationexposuresociety.com/archives/8302
災害避難者の人権ネットワーク

nice!(0)  コメント(0) 

3/21(水・祝)京都・市民放射能測定所主催イベント紹介 [イベント紹介]

 京都・市民放射能測定所が3/21に次のようなイベントを
企画しているので紹介します。
 
放射能を気にしなければ、しあわせになれるのか? 「しあわせになるための『福島差別』論」を批判する!  (かもがわ出版、2018年1月刊行)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

●日時 2018年3月21日(水・祝)13:30開始
●場所 こどもみらい館(研修室1A・60席)
   地下鉄:丸太町駅から徒歩3分(5番出口)
   市バス:烏丸丸太町下車徒歩3分
●参加費 会員・避難者700円、一般1,000円

 みなさんは1月に出版された「しあわせになるための
『福島差別』論」をご存じでしょうか?この本は、福島
原発事故による放射線被ばくの影響を一貫して否定して
います。「福島産の食品を摂取しても内部被曝は低く
抑えられている」「被ばくによる健康被害はない」と述べ、
除染目標1ミリシーベルト基準の緩和や米の全量検査
からサンプル検査への移行、県民健康調査の縮小を主張
しています。この本は、昨年12月に復興庁が発表した
「風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略」に
呼応し、一般的には御用学者とはみられていない学者・
文化人を取り込み、放射能安全神話を「下から」作り出
そうとするものといえます。

 私たちは、この本の主張を社会科学、自然科学の両面
から正しく批判し、福島原発事故がもたらした被害と
向き合っていきたいと考え、下記のとおり講演のつどいを
開催することにしました。ぜひ、ご参加ください。

★ ☆ プログラム(予定) ☆ ★
13:10 開場
13:30 開会あいさつ
13:40 講演1 放射能被害を人権の観点から考える
    講師 中里見博さん(大阪電気通信大学教員)
14:20 講演2 復興庁の「風評払拭・リスクコミュニケーション
  強化戦略」と呼応する「しあわせになるための『福島差別』論」批判
    講師 山田耕作さん(京都大学名誉教授)
15:00 休憩
15:15 測定所からカンパの訴え
15:20 講演3 福島甲状腺がんの被ばく発症
    講師  宗川吉汪さん(日本科学者会議京都支部代表幹事)
16:10 全体討論(35分)
16:45 終了

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(主催)京都・市民放射能測定所

〒612-0066 京都市伏見区桃山羽柴長吉中町55-1コーポ桃山105号
 TEL/FAX 075-622-9870
 E-mail:shimin_sokutei@yahoo.co.jp
 http://nukecheck.namaste.jp/
 http://crmskyoto.exblog.jp/

nice!(1)  コメント(0) 

10/12(木)本澄寺御難会 [イベント紹介]

 測定所のある本澄寺の伝統行事である「御難会」は
雨の影響も受けず、無事終了。

 400年以上続くこの伝統行事は地域の「文化遺産」
でもあります。

20171012_135412.jpg

20171012_203351.jpg

20171012_203714.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

10/12(木)本澄寺御難会のお知らせ [イベント紹介]

 高槻・市民放射能測定所は上牧本澄寺(日蓮宗)の
中にあります。たぶん、お寺にある測定所は全国的にも
珍しいと思います。



 寺の住職とは、沖縄戦の実相を描いた「ガマ月桃の花」
上映運動や沖縄問題を訴えるライブ、そして放射能測定所の
取り組みを長年に亘り一緒に取り組んできた間柄です。

イメージ00001.jpg

 そんな本澄寺が400年以上続く伝統行事を行うのが
10/12(木)「御難会」です。日蓮聖人が1272年のこの日、
鎌倉幕府によって処刑されようとした時、一度は沈んだ月が
江ノ島より光り渡り首切り役人がひれ伏した。兵士等は
怖じけ畏れて処刑は中止となり、日蓮は佐渡への遠島に
なった。この日を「龍ノ口御法難会」と呼ぶそう。

 この行事の一番の盛り上がりは、本澄寺に伝わる
日蓮自作の「厄除け霊像」(祖師堂に安置)がこの日
にご開帳されて、檀信徒や地域の人々によって
神輿に乗せられ本堂へ安置される「お渡りの儀」。

 この神輿に触れることで厄除けの願を立てると
いう。20時半頃から行われます。

 測定所は、今や地域でも有名になったチヂミ焼きの
お店をだします。10時~売り切れ予定の19時頃まで
境内で焼いています。

 年に一度の400年以上続くこの伝統的行事に触れて
みては如何でしょう?もちろん、日蓮宗の檀信徒で
なくても(私も檀信徒ではない)どなたでも参加できます。
nice!(0)  コメント(0) 

7/2(日)第31回 避難者交流会 in とよなか [イベント紹介]

「第31回 避難者交流会 in とよなか」の案内が来ました。
紹介します。

31回避難者交流会チラシ (1).jpg

・日時: 2017年7月2日(日)14:00~16:30
・場所:とよなか男女共同参画推進センター・すてっぷ セミナー室 1ABC
       (阪急豊中駅 直結 エトレ豊中ビル 5階)
        大阪府豊中市玉井町1丁目1番1-501
・参加費:300円(避難者は無料)
・保育:同室にお入りください
・申し込み:当日参加も可能ですが、できれば事前に予約をお願いします。
・問い合わせ:tj5tymd@gmail.com
      090-8980-2436(山田)

◆東京から避難して、娘は健康を取り戻した◇
福島第一原発の過酷事故から丸6年が過ぎ、この春、
帰還困難区域を除いて避難指示が解除されました。
今も“非常事態宣言”は出たままなのに、政府も
世間も まるで「何もなかった」かのよう・・・。

 今回お話しいただくのは、東京国分寺市から
兵庫県にご家族とともに避難移住されたSさんです。
事故当時、被ばくを心配して避難する友人を
「国が大丈夫と言っているのに」と笑っていた
彼女が、真剣に原発や放射能について学び始めたのは、
娘さんの体の大きな異変がきっかけでした。
「この子は大人になれないのではないか」。
 周りの無理解の中、一人の医師との出会いが
彼女に避難を決意させました。
「被ばくは決して大丈夫ではない」ことを
伝えたいと思っておられます。
======
山田敏正 放射能から豊中の市民・子どもを守る会 http://nonuketoyonaka.blog.fc2.com/

6/11(日)福島とともに。放射能被曝に反対する関西集会 [イベント紹介]

6/11福島とともに.jpg

【6/11「福島とともに。放射能被曝に反対する関西集会」のご案内】
・6月11日(日) 13:30~ 
・エルおおさか(大阪地下鉄/京阪「天満橋」5分)
・700円

第一部:上映「放射能症候群2」(70分 監督:香取直孝2016年)
 千葉県松戸市の放射能汚染と健康被害を取材した映像です。
大阪では2回目の上映です。

第二部:報告「福島と関東の胎児・乳児の死亡率」(医療問題研究会)
 福島から報告「沖縄・福島をつなぐ実行委員会・福島の取り組み」
 ミュージカル「ガマ人間」の福島・岡山公演を取り組んで(月桃の花歌舞団)

 福島で「放射能はいやだ」と声を上げる運動を、全国で
支えることが求められます。福島からゲストを招いてその
努力を学び、応える集会です。

 詳しくは添付チラシまたはURLをご覧ください。
→ http://zenkopeace.blog.so-net.ne.jp/2017-05-09

後藤政志・筒井哲郎 緊急講演会 どうなる?東芝・高浜・福島 [イベント紹介]

当測定所でも講演を頂いた守田敏也氏から
講演会の案内が来ました。以下、紹介します。

 明日、17日午後5時ごとに高浜原発4号基が
再稼働されようとしています。
あまりに危険で愚かな試みに心の底からの
怒りを表明したいと思います。

 この動きを前にして以下のような緊急講演会を
企画しました。18日大津市でも開催します。
19日に京田辺市、京都市で開催します。
ぜひお近くの会場にお越し下さい。

*****
後藤政志・筒井哲郎 緊急講演会
どうなる?東芝・高浜・福島

「ほんと」を知っているお二人に聞こう
守田敏也がコーディネートし 今、知るべきことを
みなさんとうかがいます!

 原発メーカー東芝が坂を転げ落ちるように崩壊
しています。安倍政権の成長戦略の主要な柱の原発
輸出路線が大き く揺らいでいます。残りの原発メーカー
三菱重工も日立製 作所も苦況に陥っていて経済誌でさえ
輸出政策が無謀であ ることを指摘し出しています。
 これに対し政府と原子力規制委員会は原発再稼働を
急いでおり、高浜原発がこの5月にも動きだそうとして
います 。輸出の道が閉ざされて焦っているのでしょうが、
だから こそとても危険。この流れを止めるために
東芝・高浜・福 島を最もよく知るお二人の緊急講演会を
設定しました。ぜひご参加ください。

後藤政志さん 
博士(工学)。1989年から東芝で柏崎刈羽原発6号機 、
浜岡原発、女川 原発の格納容器設計に携わる。
2009 年退職。福島原発事故時は何が起こっている
のかを的確に 解説。その後技術者などからなるNPO
法人APASTを 主宰しつつ国の再稼働の動きを批判し
続けている。

筒井哲郎さん
 東大工学部卒。1964年から千代田化工建設で
国内外の プラント設計・建設に携わり、イラク
製油所プロジェクト のエンジニアリングマネー
ジャーを務めた。ほかでも各種 のプラント建設に
プロジェクトマネージャーとして関わっ た。
現在はプラント技術者の会や原子力市民委員会などで
原発の危険性を訴え続けている。APAST理事。

大津会場 5月18日(木) 午後5時半から8時まで
大津市生涯学習センターにて
JR琵琶湖線「膳所駅」下車徒歩20分
京阪「膳所本町」下車 徒歩7分
主催 後藤さん筒井さんの話を聴くしが実行委員会
連絡 09082080423 にしむらしずえ

京田辺会場 5月19日(金) 午後1時半から3時半まで
京田辺市立社会福祉センター3階和室
近鉄新田辺駅下車徒歩15分
主催 3.11ゆいネット京田辺
連絡 09021901258 坂本まゆみ

京都会場 5月19日(金) 午後7時過ぎから9時半まで
当日は関西電力京都支店前行動があるので終ってから始め ます。
キャンパスプラザ京都第1会議室
JR京都駅下車徒歩3分
主催 自由と平和のための京大有志の会
連絡 09050155862 守田敏也

参加費は各会場とも1000円

○お二人の話を同時に聞くことのできる機会は
滋賀、京都では滅多にありません。
ぜひお誘い合わせの上、ご参加く ださい! 

全体統括
後藤さん筒井さんの話を聴く会(09050155862 守田敏也)

5/13(土)子どもの「いのち」を守る 西日本集会 [イベント紹介]

今、福島・関東の土が危ない 
子どもの「いのち」を守る 西日本集会

20170322_2031347.png
 
5月13日(土) 高槻市立総合市民交流センタークロスパル
13時半開場 14時開始  総会
       14時40分 井戸弁護団長裁判報告
              河野益近さんの話
              ディスカッション
       16時00分 川口真由美さん歌
       16時50分 終了
http://kodomodatu.jugem.jp/?day=20170322
前の10件 | - イベント紹介 ブログトップ